住宅購入は何から始めたらいいのか

元ハウスメーカー&家具屋のやっちです。

住宅を購入したので、あくまで個人的な考察ですが、過程をまとめていきたいと思います。

今回は、住宅購入は何から始めたらいいのか、です。

 

まずは資料請求

どこでもいいので、まずは住宅購入に関する資料請求をしましょう。

最初から多くの会社に請求しようとする人がいますが、まずは1社、なんとなく良さそうなところを選ぶことをオススメします。

というのも、最初は基準がないので何を聞けばいいのか、何を基準に「良い」と判断すればいいのかがわかりません。

基準をつくるために、まずは一人のプロと話してみる必要があるのです。

もちろん、自分が良いと思ったらそのまま購入に繋げてもいいと思います。

現に、私は「まずは資料請求」と言いながら、住宅を巡るうちにそのまま契約しそうになりました。

 

お金と信用について

自分の収入と、信用についてチェックしましょう。

当たり前の話ですが、収入がないと住宅は買えません。

また、多くの人は住宅ローンを組むと思いますが、「この人は貸したお金を返せる人だ」というお墨付きをもらえないと、お金は借りれません。

信用を貯めるには、勤め先、勤続年数、借金や返済の有無などの基準をクリアしなくてはなりません。

お金と自分の信用について、確認をしておくと良さそうです。

実は、私は7年ほど前にも住宅購入を検討しました。

しかし、信用がないせいで、ローンを組むことができませんでした。

お金と共に社会からの信用を貯めておきましょう。

大抵の会社はまずは「この人は見込客となりうる人か」の確認のため、ローンの事前審査を薦めてくるはずです。

事前審査は契約とはなんら関係ないものなので、ひとまず申し込んで、社会からの信用をチェックしてみましょう。

ちなみに、私はローンを組んで完済することで、「この人は以前に住宅ローンを組んで完済したことがある人だ」というお墨付きを得ようとしています。

この先どうなるかわかりませんので、いざという時の信用担保を持っておくのは、何よりの価値と思います。

 

住むエリアを決める

住みたいエリアを決めましょう。

理想のエリアを最初に見て、予算が合わなければ徐々に変えていけばいいのです。

3、4件も回れば、大体の相場がわかってきます。

中古なのか、新築なのか、駅から近いのか、広いのかなど、どのような家ならいくらするかが見えてくるのです。

エリアが絞れると、そのエリアで買える物件は限られてくるので、吟味もしやすくなります。

あとは自分にとって良い物件が生まれるのを待つのみです。

 

とにかくまずは資料請求

住宅購入は額が大きいので、億劫になりがちです。

ただ、何かしら始めないと、何も始まりません。

そこで、資料請求をしてみるのです。

すると、とんとん拍子で窓口の方が引っ張ってくれるので、動かざるを得なくなります。

動いていると、自然と知識もついてきて、住宅について詳しくなってきます。

事前知識は、ざっとネットで目を通す程度でいいのです。

まずは一歩踏み出してみることが、何よりも大切なのです。

Sponsored Links