ある29歳女性の恋活、婚活がうまくいかない恋愛談

やっちです!

今日は実際のセッションの様子を書いてみました。

婚活にとても悩んでいた、29歳女性のセッションの話です。

やっち

自分の純粋さをひたすらとり戻すお手伝いをするだけなんですけどね!

 

 

29歳女性の婚活、恋愛、スピード婚

恋愛相談を受け、1ヶ月後には彼氏ができ、その1ヶ月後には結婚してしまった女性がいました。

実は、この結婚にいたった人がやっちの恋活•婚活支援のすべての始まり。

この人がいたからこそ、自分は誰かの役に立てるんだと確信することができたんです。

 

 

結婚相手に悩む、ある女性の気付きとは

29歳女性、婚活にものすごい力を注いでいた人で、どうしても彼氏ができないと嘆いていました。

容姿も性格もよく、僕が開いた合コンに参加もしてくださり、そこでもダントツで人気でした。

なぜ、彼氏ができないのかを徹底的に観察してみました。

僕より遥かに恋愛を勉強しているし、そもそも本人は恋愛経験が豊富でした。

全然いい人がいないんですよ~

この言葉ばかり出てくるのが気になり、この人は幻想に生きているのでは?そんな風に仮説を立てました。

想像の中の架空の人物が、現実にいると思い込んでいる?

 

全然いい人がいない?本当にそうか?

話を聞いていると、周りには素敵な男性が多そうで、悪い人の方が少なそうでした。

 

ある質問で気付いた衝撃

 

やっち

なんで彼氏ができないのかこちらが聞きたいぐらいなんですが、ちなみにどんな人と結婚したいと思うんですか?

A子

そんなに理想は高くないんですよ。背が178センチ以上で、年収600万以上、やせ型で、スポーツマンタイプの爽やかな感じです。

 

!!!

なんと!!

 

やっちの解説

けっこう具体的で驚いたんですが、彼女は自分の理想が高いとは思っていないんです。

彼女が話していたステータスをクリアして、人間性を見るという流れのようなんですね。

これでは確かに、婚活を半年間も続けてしまいます。

ポイントは、”パートナーの理想が高いこと”ではなく、”自分が理想が高いとわからないこと”なんです。

 

え?

「世界中探せばいるかもしれませんが。一生さまよい続けることになりますよきっと。

そんな大げさな!見つかりますよ。

「現に半年も見つかってないですよね」

•••やっぱり私は結婚できないんでしょうか。

「そう考えるのは時期尚早です。目の前の人の先にいる想像の人を見ないで、目の前の人に集中してみてください。その人の良いところを見るようにしてみてください。」

「その人の、良いところ?」

「そうです。人は、理想が高いほど、減点方式の見方をするものです。その逆の、加点方式にしてみてください。加点方式に終わりはありません。いくらでも良いところは見つけられます。」

なるほど!素敵な考え方!なんだか見つけるのが楽しみになりそう。今度も飲み会に誘われているので、見方を変えてみますね!

このような形で終わり、その後1ヶ月が経った頃にあった連絡。

やっちさん!!彼氏できました!
そして1ヶ月後、結婚します!

展開が早すぎて驚きました。
(内心、早まったのでは?と頭をよぎりましたが、その後何も連絡がないので続いていることを祈っています)

その時の彼女の喜びようは本当に凄まじかったです。

やっち

こういう時、自分の想像の枠ってまだまだ小さいなって思った次第です。

 

まとめ:恋がうまくいかない人の共通点

恋がうまくいかない人は、ポジティブかネガティブか、頭の良し悪し、見た目、経験など関係なく、たった1つの共通点があります。

それは、自分がつくり出す”思い込み”がとても強いこと。

29歳女性の例で言えば、「これぐらいの男性はすぐ見つかる」という思い込みから、最低ラインのハードルを自分で上げていました。

最低ラインをクリアしたらお次は価値観や人間性をチェックするわけですから、気が遠くなりますよね。

それに気付き、少しだけ考え方や見方を変えてみるだけで、望む結果が近づいたりするものです。

とても単純なことを申し上げましたし、「そんなことも気付かないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、実際に自分の視点でモノゴトを見ていると、冷静に自分のことを見つめられないものです。

強い思い込み、すなわち自分の中の当たり前が恋愛をジャマしていないか、内省をする時間をとってみることをオススメします。