遊びか真剣か。相手が信じられなくて迷うあなたへの処方箋

やっち

みかさん、これまで変な男に引っかかることって多かったですか?

みか

うっ……確かに多かったような。でも付き合う時ってすごく真剣な眼差しで迫ってくるから判断できないんですよね。

 

やたらゴリ押ししてくる男性に対し、「悪い人じゃないし、付き合ってもいいんだけど信じて良いものか?」と悩むことってありませんか?

恋愛には2パターンしかありません。

遊びか、真剣か。

ずっと遊び続ける人もいれば、遊びから真剣になる人もいます。

お互いが同意していれば遊びでも恋愛は成り立ちますが、片側が遊びで片側が真剣な場合はミスマッチですね。

相手が遊びなのか真剣なのかを判断するためのポイントをまとめてみました。

参考になったら幸いです。

 

チャラ男の言い分

学生の頃から、僕の周りにはチャラ男も純愛男子もいて、両方の意見をよく聞いていました。

あるチャラ男が言うには、女性には夢を見させてあげて、夢から覚ますこともないそうです。

目標を達成したら、王子は離れ、女性は突然に夢から強制的に目覚めます。

「あれだけ私のことを愛してくれると言っていたのに、どうして急に?私の何がいけなかったの?」

そして悲しみに暮れ、心に傷を負ってしまう人もいます。

チャラ男はまた、別のターゲットの人に同じようなパターンで声をかけるという繰り返しです。

 

なぜ、騙されるのか?

よく、騙される女性に対して、騙される女性が悪いと言われてしまいます。

周りから見ると明らかに怪しかったり、ヤりたい目的がバレバレな場合が多いためです。

ただ不思議なことに、周りから冷静に見ているとそう言えますが、言っている本人が騙されたりするものです。

当事者にとってはなかなか見破れないもののようですね。

チャラ男が言うには、かなり綿密なテクニックと計画があるようです。

 

チャラ男の献立

彼氏がいるかいないかの確認

彼氏がいる場合は足りないものを確認して、自分ならそれができると言い切る

名前を何度も呼ぶ

とにかく相手の話を聞く

自分がいかに情熱のある人間かを証明する(真面目さアピール)

恋バナになるまで待つ

まずはお茶かご飯でハードルを下げて誘う

LINEは最初は押して、相手のレスポンス次第で引く

相手に自分が好きであると悟らせる

 

 

もっと色々あるそうなんですが、僕が興味なさすぎてこの辺りで。

女性に夢を見させるとは、要は「こんなに私だけのこと考えてくれる人、他にいるだろうか?」と思わせたら、目標達成したようなものということです。

それで、チャラ男はとにかく肉体関係を持ちたいですから、二人きりになれる個室にどこかのタイミングで誘います。

最初は手を繋いだり、抱きしめたり、キスしたりするようですが、初日で最後までのケースは稀みたいです。

相手がどれだけ警戒しているかで、どこまでいけるか調整するそうです。

警戒の強い人ほど肉体関係をすぐに迫ってくる人は即座におさらばするはずなので、「この人は真剣かも」と思ってもらうために、焦らずじっくりと付き合うわけです。

確かにこれだけ抜かりなく近づかれてしまうと、見破るのは難しいのかなと思います。

 

やっち流、相手の見破り方

チャラ男はただの遊びかもしれませんが、遊ばれた女性からしたら、迷惑極まりない話です。

角に頭をぶつけて気絶すればいいのに」とチャラ男に言いましたが、ハハっと笑うだけでした。

友人のチャラ男くんは別に悪い人ではなく、大志を抱き生きているので否定はしません。

しかし、一生それで恋愛ができなくなってしまい恋バナを楽しめない女性が増えるのは嫌だと思いました。

そこで、僕なりのチャラ男かそうでないかを判断する戦略を考えてみました。

これは、遊びの人も真剣な人も、男女が二人きりになれば肉体関係はあり得るという前提のもとに、チャラ男かどうかの境界線を考察したものです。

 

勝負は二人きりの空間

恋がありえるかもしれない関係の相手と二人きりになった時、5000万人ほどの男性は何を考えるかと言うと、どうにか触れることはできないか?です。

こちらも合わせてご参考まで

 

触れることのレベルは手を繋ぐからキスまで様々ですが、妄想しながら過ごしています。

(微塵もそういうこと考えない男性も本当にこの世にいます)

付き合っていない人の境界線をハッキリさせているあなたは、相手に迫られても断るでしょう。

この、断った時の相手の反応やその後の行動を見てください。

チャラ男であれば、「断られてからが勝負」という理念があるはずです。

理念があるからこそ、そこにはスキが生じます。

二人きりの空間になれた時点で、真夏のビールを飲む直前、スポーツでいえばスタメンに選ばれた時、会社でいえば決裁権のある相手とアポが取れたようなものです。

それでもかなり興奮しているはずですが、断られた時はその倍は興奮していると思ってください。

 

遊びと真剣の反応の違い

真剣な人は、断られた時に何が起きているかというと、「焦ってしまう自分はなんてダメなんだ、相手の気持ちより自分の気持ちを優先してしまった」と感じているはずです。

遊びの人は、「口では断ってるけど、簡単に肉体関係を許さないように真面目ぶってるか、じらしてるだけなんでしょ?」という謎のポジティブ精神が働きます。

あなたも二人きりになる時点で、ある程度は相手に対して心を許しているので、ゴリ押しされた時には流されるままになってしまうというわけです。

両者とも、あなたを魅力的に感じ、触れたくてしょうがない想いは同じです。

しかし、その先にある描いているものは、雲泥の差になっているはずです。

見極めてあげることも、その時点で相手への愛の表れとなります。

 

最後に

二人きりの空間になった時が遊びか真剣かを見極めるチャンスです。

例えば、確かめるように相手にそっと触れてくれる男性がいたとして、それに応えるように手を握ったら、今度は相手が抱きしめてくれたりなど。

これは、その男性が相手を真剣に思うからこそできる、思いやりある積極的なアプローチです。

そもそも男性の性欲の沸点は急激に高まりますが、女性はじわじわと上がっていきます。

ムードが大切ですよね。

それを無視して自分の欲望のままに身体を求めてくる男性は、チャラ男までいかずとも長く続かないかもしれません。

言葉や行動は演技ができますが、根底にある想いはごまかしようがありません。

だからこそ、この男性が大切にしているのは自分の欲望か?相手との将来か?を汲み取る必要があります。

ただでさえ自分の本音を言わない男性ですから、普段の会話だけで相手を判断するのは不可能に近いです。

相手が興奮を抑えられない状況にいる時こそ、本音を確かめてみましょう。