相手を評価し続ける婚活では10年経っても結婚できない理由

恋愛アドバイザーのやっちです。

相談所、パーティ、ネット婚活、アプリなど、結婚に向けて動いているものの、なかなか良い人が見つからないですか?

たった1人が見つからなくても、まずは候補を見つけたいですよね。

それでも、候補すら上がってこないと、婚活を続けることもあきらめてしまいそうになるかと思います。

婚活は長期にわたる活動であり、さらにたくさんの人に会って成り立つものです。

最低1年、できれば100人は会ったほうが良いです。

大げさでも何でもなく、きっと自然に出会えるだろうと心の余裕がある人はともかく、近日に結婚したい人に関しては、人とたくさん会うことがまずは優先です。

もちろん、1回会うだけでなく何度か会って確かめることが必要ですね。

ただ、少しでも会う回数を減らしたいのが本音かと思います。

自分にとって良い人を見極めるには、どのような目を持ったら良いのでしょうか?

やっち

そこまで理想は高いわけでもなく、もはや妥協してもいいぐらいに思う人でも見つからない現実がありますね

 

あなたは何がほしくて、相手は何がほしいのか

 

あなたがほしいもの

収入

優しさ

最低限、服装を気にする

趣味が合う

清潔感がある

 

 

相手がほしいもの

家事をしてくれる人

素直な人

オシャレな人

趣味が合う

清潔感がある

 

まずは相手がどうこうより、結婚するにあたり自分が求めているものを洗い出しましょう。

そして、相手が求めているものを話を聞く中で整理しましょう。

ここで共通するのは趣味が合うことと清潔感があることですね。

あとは収入があって優しさがあって、最低限服装を気にしてくれる人だったらOK!

……とうまくいかないのが婚活ですよね。

なぜなら、相手もあなたのことを見ているからです。

要は、お互いに条件が合うか合わないか観察し合っている状態なんです。

 

会社の面接のように相手を評価してないか?

結婚したいと思って焦るのはわかります。

ただ、相手を見るあなたの姿勢は、面接官になってませんか?

婚活って結婚できない人が頑張る活動みたいに思われがちですが、就活と同じように夢や期待を膨らませて行うものだと思ってます。

「結婚できない」と不安になるのが早すぎます。

たまたまタイミングが合わなかっただけで、スタートさせたら、「結婚できる」って信じて進むしかないじゃないですか。

就活で面接を通過する学生は、ほとんどの人が純粋に未来に胸を躍らせている人です。

婚活はどうでしょうか?

相手と会って話すことを、楽しめてますか?

将来描いている姿に、胸を躍らせていますか?

あなたが結婚生活に想いを馳せていなかったら、相手も同じように面接官にならざるをえないですよね?

相手を取り調べるのは辞めにして、会話を楽しむことを意識してみませんか?

 

評価は最後。まずは思い切り楽しんでみる

二人が出会えた確率というのは相当低いはずです。

しかも、貴重なお金も時間も割いて、その時間をつくっています。

相手がどうしても嫌な相手の場合もあります。

そんな時も、なんで自分はこの人がこんなに嫌なんだろうか?を掘り下げてみるなど、収穫に変えましょう。

婚活は長い目で見る必要があるからこそ、楽しんだもの勝ちです。

勉強だってスポーツだって、長い目で見て、今できることをやっていくと大きな結果となります。

なんでもそうですが、近道なんてないんです。

どうせなら楽しみ尽くして、自分が色んな人と接する中でどんな反応を示すのか、発見しましょう。

発見からまた新たな人を見る目が生まれるかもしれませんよ。