男は性欲の塊?5000万人ぐらいは女性を好意でなく性欲から見る件

(2018/9/10更新)

恋愛アドバイザーのやっちです。

今日は、相手とヤりたくて仕方ないけど、そんな自分は悪だ。もっと他に大切なことが……と自分に言い聞かせ、自分を苦しめている男性の皆さん、そしてそんな男ゴコロを知りたい女性へ。

「男性って結局ヤリたいだけなの?」

この不安を拭い去れないあなたへ贈ります。

やっち

そもそも日本は乱交文化でしたが、現代では制度や倫理が整い、不倫でもしようものなら非難を浴びます。ある調査では、不倫は道徳的によくないと考える人が7割、しかし男性は不倫する人が3割ほどいるのです。本能を抑えきれない様子が伺えますね。

 

 

 

男性は、結局は欲望の塊なのか

「あなたはまず性欲で女性を見ますか?」

そんなアンケートを取ったとします。

肉食男子はYESというだろうし、純愛男子はNOと言うだろうし、なんにも参考になりません。

基本的に男性は女性を見るだけであれこれ想像し、興奮する生き物です。

その1点だけを見て、「この人は真剣ではない」と判断するのは早いです。

周りで下ネタを言いふらしている男性がいたとして、その人が欲望の塊かというとそうでもなく、実際に付き合ってみたらマジメでギャップがあるかもしれません。

単に下ネタをスマートに楽しむ男子もいるのです。(女性を不愉快にさせるトークは論外です)

 

 

好意と性欲は関係あるの?

「肉体関係を持つということは自分のことが好きということ?」

女性からそんな悩みを聞くことがあります。

好きでなくとも肉体関係を持つ人はいますので、付き合ってもいないのに肉体関係を迫られた人は、好意があると決めつけないほうがいいでしょう。

男性は性欲、女性は安心・安全欲求で恋愛がスタートすると考える傾向にあります。

女性が欲しているテーマは「安心」なのです。

将来を考えられるか、本能的に一緒にいて癒されるかが大切です。

男性はとにかく自分のものにしたい想いが強く、テーマは「独占」。

相手のことを誰よりも知りたい、自分の範疇におさめたい。

そして、ひたすら肉体関係を求めています。

ただ、男性は結婚のこととなると途端に価値観の近さや家庭的かどうかを求めるので、男性が考える恋愛と結婚観のちがいは理解しておいたほうがいいでしょう。

 

 

性欲から入るのは悪いこと?

あの子とどうしてもキスしたい!!

そんな本能的な想いから話しかけても、その人が悪い男性かは関係ありません。

気になる子がいるので、まずはデートに誘う。

「いやいや、彼女とヤりたいからデートに誘うわけじゃない!そんな風に思われたくない!」

そうやってごまかしてる場合ではありません。

性欲がわくほどあなたは彼女に魅力を感じているんでしょう?

葛藤が生まれている時点で、もうあなたは彼女のことを純粋に愛していますよ。

 

 

スタートは純粋な欲望でもいい

この人とヤりたい。

その切実な思いはやがて、実現させるためにはどのようにして相手に信頼してもらうかに集中し、研ぎ澄まされていきます。

それは、相手をどうにかしてその気にさせて肉体関係をもつことがゴールではなく、純粋に好きで独り占めしたいわけですよね。

相手に付き合うことをOKしてもらえたなら、その瞬間にある男性は彼女を押し倒したくて仕方ないかもしれません。

もちろん彼女が許してくれるならそれもいいですが、その行為はせっかく積み上げた信頼がガラガラ崩れることもあります。

えっ……告白OK=SEX許可かよ

そんな風に女性に思われてしまったら、愛をどんな風に弁明しようが、誤解を解くのは難しいですね。

どちらにせよ、彼女を大切に思っていれば、彼女次第でどのようにするべきか決められると思います。

好きでたまらないからこそ、相手が大切であればあるほど、我慢も必要なのです。

 

 

まとめ

男性が女性に好意をもつ時って、意識の有無は関係なく、生物学的には性欲からスタートしています。

とはいえ、現在は恋愛至上主義ということもあり、本能だけではただの狼になってしまいます。

だからこそ、男性はまるで肉体関係には興味がないような仕草で近づき、「身体じゃない。心なの。」って一生懸命に伝えるわけですね。

「君と…したくてたまらない…でも君のことを大切に想っているからこそ、急ぎたくないと思ってる!」

そんなあからさまな無理してる様を見せられたら、可愛くて女性も許しちゃうかもしれませんよね?

下ネタをよく振ってきたり、すぐに肉体関係を求めてくる男性を避けている女性の皆さま! 純愛を育てるのは、付き合えた後の話です。

そもそも、自分に欲情できる人が現れるって幸せなことだと思いませんか?

自分の欲求に正直な男性であるという捉え方もできます。

本当に熱いこの夏、是非、欲望を出し散らかしてくださいね。

 

◆参考図書

 

出会いを応援!学びを促進!やっちのイベント情報はこちらから!

友だち追加