第一印象がいつも良い人も悪い人も、普段の自分を出してみて

純愛伝道師のやっちです。

恋愛相談でこんな声がありましたよ!

最初に会った人とは、まだ評価が0なのでそこまで緊張しない

 

やっち

緊張してください!多少は!

 

アプリでも婚活パーティでもワイン会でも、初対面は大切

自分に時間がないように、相手も時間がありません。

出会いを求めている人にとって、「次のステップにいけそう」と思える判断はなるべく早めたいものです。

仕事で言えば、アポイントをいただき、初回の訪問での印象がものの数分で決まります。

会社の面接でもそうです。ベテランの人事は瞬時に採用の可否を決める人もいるとか。

町内会や自治会に初めて行く人も、最初の挨拶で印象の悪い人はその後もレッテルを張られるかもしれません。

そんな、様々な場面で初見に対する意識が高まるのも無理はないですね。

とはいえ、第一印象がすべてかというとそうではないんです。

 

みか

第一印象は気合入れて化粧して服も選びますよ!笑顔も絶やしません!

やっち

すごい気合の入れようですね。第一印象に命かけてますね。

みか

もちろん!相手のことに耳を傾け、自分のこともしっかり話して、笑顔もバッチリです!

やっち

素晴らしいですね。みんな、みかさんの魅力に引き寄せられちゃいますね

みか

ところがですねぇ。順調に最初は引き寄せても、そのあと離れていくんですねぇ。

やっち

みかさんは第一印象バッチリ!なのに、なんで離れていっちゃうんでしょうね。

 

第一印象が良すぎるのも考えもの

第一印象が良い人は、先に良い印象があるので、次に会った時に「なんか違う」って思われることがあります。

特に、絶好調が初回、絶不調が次に会った時ですと、その差は歴然ですね。

感動を与えすぎて、次からはいくら感動を与えてもあまり響かない現象です。

つまり、第一印象に気合いを入れすぎるのも、やりすぎは後に響くということです。

さりげない小さな感動で相手を喜ばせることのほうが、自分にも無理がなく関係が積みあがってきます。

もちろん、常に感動を与え続けられる人は、その才能と工夫に感服しますね。

これもまた、何が正しいというわけではありませんが、純愛を重んじる僕としては普段の自分に正直になってほしいと願うばかりです。

すべてさらけ出すというよりは、無理すると疲れちゃいますし、相手もそういう部分は感じちゃうと思います。

 

最後に

ほどほどが一番ってよく言うんですが、そのほどほどがどの程度かわからないんですよね。

化粧や服装はナチュラルなものがベターですね。

女性ウケがいい化粧や服装をしてくる方がけっこう多いんですが、付き合いたい思いがあるようでしたら、せっかくなら男性ウケの外見をしたほうが良いと思います。

また、相手がおしゃべり好きな人だったら少し聞き側になってあげたり、逆におしゃべりが苦手だったら率先して話してあげたりして、バランスを取りましょう。

「ほどほど」というのは、その場で話す人たちが楽しめるように調整するということです。

もちろん、お酒もほどほどに。

 

 

やっち

やっちの部屋のLINE@始めました!
やっちの部屋のイベント情報のお知らせ+恋愛相談も無料で受け付けてます。よかったら活用ください!

友だち追加