新築の床にフロアコーティングって意味あるの?

元ハウスメーカー&家具屋のやっちです。

新築、フロアコーティングしようかとても悩みました。そもそも床に傷はつきものだし、汚してもすぐに拭けばいいじゃないかと思っていたからです。

フロアコーティングのメリットは、水や薬品に弱いフローリングを薄い幕で守ってくれる点です。私の新しい住まい、フローリングしかないんですよ。

フロアコーティングには種類があります。とはいえ選ぶなら一択。あらゆるものから守ってくれるUVコーティングこそ、いわゆる「コーティング」と思っています。

ただ、UVコーティングのサンプルを見るとツヤが目立ったのです。ツヤが出るのが嫌、と真っ先に言い放った私たちに「ツヤなしもありますよ」という担当者の声。

ただし、ツヤありのほうがグリップが効くということでした。2歳の娘にはすべりやすい床、特に階段は危ないので、ツヤありを検討。

そんなわけで、半ツヤで手を打ちました。

UVフロアコーティングに決定し、2週間後に施工となりました。

ちなみに、UVフロアコーティングは材料がとても高価なんだとか。モノが良くても職人の腕で効果が半減してしまうこともあるんだそうです。できるだけ熟練の職人さんにお願いしたいですね。

そこで、コーティング経験が豊富であったり、職人の教育に抜かりない会社を探しました。かつ、地元で愛されているような業者さん。親切だったらなおいいです。

さらにさらに、価格が安いようだったら最高です。不動産屋さんから薦められた非常に世間からの評価が低い業者さんより、8万円も安くコーティングが叶いました。

担当の方も職人さんも親切丁寧。床のチェック、細かな説明ぬかりなし。

建築や内装関連の仕事をする人は、自分たちが仕事を行ったあとに傷が発見されると自分たちが疑われてしまいます。施工箇所あたりの傷を一緒に見てまわるんですよね。レンタカー屋さんと同じ要領です。

2階戸建ての木造住宅のおうちですが、丸1日かからず終わりました。とにかくよく換気をするように言われましたよ。あと、掃除をするときは化学薬品を使ったものを使わないようにと。特にクイックルワイパーとかNG。

掃除機と、乾拭き、水拭きのみ。基本的にはどんなものも浮かせてくれるから、ささっと吹くだけでいいそうです。実際、2週間ほど暮らしてみて、何をこぼしてもささっと拭くだけで取れます。

そうそう、最初の換気をさぼったせいで、妻が頭痛くなりました。空気の入れ替えをしたら治ったので、まさしくシックハウスでしたよ。しばらく、できるだけ窓全開で暮らしたほうがいいです。私たちは引越して間もなくだったのですが、引越し前にやると換気が難しそうですね。

それで、まったくその効果を知らなかったのですが、ピカピカになると部屋が美しいのはもちろん、明るくて広く見えるのです。未来しか広がっていない、夢にときめけ、明日にきらめけと言いそうになるほど、とにかく気持ちいい。

これは思わぬ発見で、今回は1階と階段、2階廊下をお願いしたんですが、せっかくならすべてやってもらえばよかったと後悔しました。追加は受け付けてないんですって。まったく別物を作ることになるから、確実に色やツヤが変わるので、そもそもやらない、とのこと。しっかりしてるな。

すべらないし明るいし、家族みんなが快適に過ごせるようになったのが何よりうれしかったです。UVフロアコーティング、おすすめですよ。熟練でこだわりがあり良心的な価格のところなら失敗はないのではと思っています。

それでは、さようなら。

Sponsored Links