なんでわかってくれないの?相手が理解しないワケ

恋愛アドバイザーのやっちです。

想いを寄せている相手とはついケンカになってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

いろいろ考えながら相手と話しているのに、なかなか理解してもらえない。

理解してもらえないからもう言うのをやめてみると、今度はなんで何も言ってくれないの?と言われたり。

その態度に腹が立って、本音を伝えるとケンカになったり。

なんなんだこの堂々巡りは!!

というわけで、コミュニケーションについて少し振り返られたらと思います。

 

感情に感情を重ねていないか

相手と話していて、言葉の意味よりも感情でぶつけていることってありませんか?

そんなときは、感情はひとまず置いておいて、どうしてほしいかだけ伝えて見ると次から気をつけてくれるかも。

感情をぶつけている場合
片方が感情をぶつけてる場合もう片方は感情には感情で返すかうるさいので反応を示さないか、察する力がある人ならただ聞くだけになります。

 

「こうしてほしい」と伝えている場合

相手は、自分の言動に対して、相手がどんな感情を抱き、どうしてほしいのかがわかります。

感情をぶつけるだけでなく、しっかりと理由づけと感情のその先があります。

こうしてほしいと伝えている場合、それを受けて、自分がどんなことを意図してその言葉を伝えたか、説明するでしょう。

その上で、言われたことに対して、自分がどんな感情を抱き、どうしてほしいのかが返ってきます。

これが、コミュニケーションです。

感情をぶつけ合っているだけでは、自分本位でスッキリしているだけであり、コミュニケーションではありません。

そもそも自分がスッキリするために行う時点で、二人で解決するという意識がありません。

トゲトゲなボールを、摩擦で丸くしていくようにキャッチボールをしていきましょう。

トゲが取れて、二人だけが創り出すボールが出来上がりますよ。

 

一心同体の存在であることをもう一度見直そう

夫婦は二人三脚であり、相手の問題は自分の問題でもあります。

問題をいかに解決するかを話し合うことで、今後の自分たちの意識が決まってきます。

意外とできていない人が多いんですが、このようなささいなことが積み重なって、最悪の事態を引き起こしていきます。

なんであの人はわかってくれないんだろう?

そんな風に思うこともあるかもしれませんが、そもそも伝わっていないかもしれないです。

何に対して、

どんな感情を抱き、

どうしたい。

これを意識して伝えるだけで、相手から返ってくる言葉も変わってきます。

 

思いやりをもって相手に接することが何よりの秘訣

相手がそれに対して、感情だけ返してくるようでしたら、何に対しての感情で、どうしたいのかをやんわりと聞いてあげましょうね。

夫婦は思いやり。

相手の抱いていることは自分のこととして、

しっかり話し合いましょう。