結婚する意味がわからない人に向けた、結婚という繋がりの理由

やっちです。

主催しているゆるまじというイベントで、「結婚をする意味がわからない」という言葉が出てきたので、掘り下げてみることにします。

「いつ結婚するの?」「子どもは?」「◯◯ちゃんはもう結婚したのに……」。

そんなまわりの声は聞き飽きた、結婚する意味がわからない人へ、何かヒントが見つかればうれしいです。

【2019/07/21更新】

 

 

結婚の意味は? なんで結婚するんですか?

 

20代前半の女性より、「そもそも、なんで結婚するんですか?」という興味深い質問がありました。

僕はこの質問には色々な背景があると感じています。

 

これまで「大人になったら結婚する」という固定概念の元に、ミレニアム世代(1980年~2000年初頭に生まれた世代)前半の人たちは生きてきた(やっちは1985年)

 

ところが、ミレニアム世代後半以降に生まれた人にとって、結婚はただの選択にすぎず、なんで当たり前のようにまわりが結婚するのかわからなくなってきている

 

現代は、「言われたからそうする」ではなく、行動に対する「意味」、「理由」、「論理」が問われる時代になっています。

そこで、「そもそもなんで結婚するの?」という問いが立てられるようになったのだと思います。

 

男性の結婚しない理由

  • 自由ではなくなる
  • 自分だけのほうが経済的に豊かになる
  • 契約しても別れる可能性は変わらないのだから、結婚に意味を感じない

 

男性の意見でよく出るのは、自由を奪われるということ。

自由を奪われている友人や同僚、もしくは両親の姿を見ていたら自ずとそう感じることもあるかもしれません。

 

女性の結婚しない理由

  • 子どもがほしいかを考えたときにいらないなら必要ない
  • 結婚しても幸せになれるとは限らない

 

女性は「結婚=子ども」となりがちです。

結婚したら当然子どもを育てていくと思っていたある女性は、結婚した男性が「子どもはいらない」と本音をもらし、別れたそうです。

子どもがほしいかは、女性にとって重要な基準になります。

また、結婚=幸せという概念も存在します。

これは、世間体の影響が強いでしょう。

少数派ですが、結婚にポジティブなイメージを持たない女性もいるのです。

 

 

結婚するメリットはなんなのか

昔ながらの結婚三大理由

  • みんなしているから
  • 血族の存続のため
  • 経済力をつけるため

そんな風に言われてきました。

世間体を気にして、◯◯家を途絶えさせないように、結婚によって親に経済的に支えられて生きていく。

それが当たり前でした。

 

現在の結婚する理由

今はどうでしょう?

あまりにもバラバラで、理由なんて人それぞれですよね。

だから、なんのために結婚するのかを自分で決める必要があるわけです。

ちなみに僕は、恋愛結婚で、ずっと一緒にいたい人と結婚しました。

あと、婚姻届を出しておけば、いざというときに夫として公的証明ができるようになり、彼女を助けることができます。

これも、結婚のひとつの理由でしかないのです。

また、これは個人的な意見になってしまいますが、結婚は自分だけでは成しえない成長ができます。

苦難があればあるほど、パートナーと話し合い、現実と向き合い、乗り越えていかなくてはいけません。

自分だけの問題なら自分が頑張ればいいだけの話です。

けれども、家族の発展を考えたときに自分はどう行動するかを考えるのは長期的な視点が不可欠です。

結婚生活を健全に送っている人って、どこか顔立ちがちがっていたり、責任感のある人だと思いませんか?

芯がある人は、結局は仕事や人間関係にも影響が出て、「あなたとなら関わりたい」と思ってもらえるのです。

自分だけで成長が難しいと思う人は、是非とも結婚してみて成長の幅を広げてみてください。

あなたにとって、結婚のメリットってなんでしょうか?

 

 

結婚しなくても、繋がっていればいいのではないか

 

「繋がり」に関しては、心理学者として世界中で有名なアルフレッド・アドラーが以下のように言っています。

 

われわれのまわりには他者がいる。

そしてわれわれは他者と結びついて生きている。

人間は、個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することはできない。

もしも一人で生き、問題に一人で対処しようとすれば、滅びてしまうだろう。

自分自身の生を続けることもできないし、人類の生も続けることはできないだろう。

そこで、人は、弱さ、欠点、限界のために、いつも他者と結びついているのである。

自分自身の幸福と人類の幸福のためにもっとも貢献するのは共同体感覚である。

一部引用:著書『人生の意味の心理学』

 

ちょっと難しいですね。

僕は、結婚って共同体になるということかって解釈しました。

特にそれを感じたのは結婚式の時でした。

誰を呼ぶか、過去のどの写真を使うか、どんなおもてなしをするか、たくさんお互いのことを話しました。

過去の繋がりをお互いに見せ合うことで、自分の繋がりや相手の繋がりがすべて見えました。

人生の軌跡をあんなに具体的にして見る時間は、一生にあまりないと思います。

繋がりの可視化をするタイミングを考える上で、結婚の機会はとてもやりやすいのではないかと考えています。

 

結婚は”繋がり”の公的証明書

「私たちは、繋がっています」

そのようにまわりに話しても、個人的な意見でしかないですよね。

そこで、繋がりの証明書が「婚姻届」になります。

世間も認めるカップルであることは間違いないんだけど、やっぱり証明があってもいいよねって話です。

事実婚も増えてますが、事実婚は法律的に配偶者として認められないものです。

亡くなった時は明確な遺言という証拠が必要です。

また、子供ができた時は母親の姓になるので、父親が養子として引き取るという手続きが必要になります。

事実婚では、法律上は他人の扱いにされてしまうのです。

 

 

最後に

 

結婚は、大いに疑問を持っていいものだと思います。

したければすればいいし、しなくてもいい。

引っかかりがある人は、自分で抱えたままにせず、同年代からおじいちゃんおばあちゃんまで、「なんで結婚するの?」って聞いてみるといいでしょう。

生涯パートナーや子どもを得るという楽しみは、なかなか持ってみないとわからないもの。

個人の意見になってはしまいますが、一度は結婚してみることをオススメします。

結婚できなかったとしても、理屈抜きに結婚したいって思えるほどの人と出会えることこそが、幸せと思います。