辛いときは思いきり休むことで最高の自分になれる

先週の火曜~木曜まで、夫婦壊滅だったやっちです。

僕と妻の具合が悪く、娘だけケラケラしてました。

普段は絶対に風邪を引かない2人なのですが、珍しいこともあるものです。

健康第一! 風邪には本当に気をつけましょうね。

 

 

休むときは徹底して休む

今回、体調を崩して仕事やイベント参加などの予定をすべてキャンセルしました。

本当に申し訳なく思います。

それと同時に、こういうときに家族(自分も含む)を優先することにもコミットしているので、判断には困りませんでした。

毎日、自分にとって何が大切なのか確認しながら生きていないと、無理して仕事もやったでしょうし、イベントにも出席したでしょう。

自分にとって何が大切なのか? これが明確であることが、休んだ罪悪感を取り払ってくれるのです。

 

休むためには、自分のコアを確認すること

「具合が悪いけど、仕事を休むわけにはいかない」

こういう人って多いと思うんです。

なぜなら、「自分の代わりはいない」と思い込んでいるから。

また「休んだら責任を問われる」と、休んだあとの罪に耐えられないのです。

休むために大切になってくるのは、自分のコアを決めているか? ということです。

コア
〘名〙 (core)
① 核。中核部。中心部。
② 地表から二九〇〇キロメートル以深の地球内部の総称。
③ トランスやコイルの鉄心。
-出典 精選版 日本国語大辞典

 

ここで言うコアとは、自分の中心部のことです。

僕の中の定義では、「すべてを失ったとき、また立ち直るために支えてくれるもの」。

お金、キャリア、仕事、地位など自分を支えてくれるものはたくさんあると思いますが、揺るぎない自分の中心部は何かということですね。

友情がコアの人は、何が何でも友人との約束は守りましょう。

そうやって、自分の人生の中でもっとも大切な時間を決めておきます。

自分の人生を変える大きなオファーと、自分のコアが重なっていないならば、真っ先にコアを選ぶべきなんです。

 

休むために、コアを公言すること

「あの人は〇〇が大切だから仕方ない」

この言葉がささやかれた時、あなたが大切にしているコアは人に伝わっていると言えるでしょう。

以前、環境が劣悪な職場にいる中でも、上司の指示に従わないことがありました。

指示が自分のコアに背くことだったからです。

自分を守るためには、自分を大切にして生きる覚悟が必要です。

クビにされても、嫌われても、自分を守るということです。

一時的には、何かを失うことになるでしょう。

しかし10年スパンで見た時に、あなたを必ず見ていてくれる人が現れます。

一流の人ほど、自分を大切にしている人、自分のコアにこだわりがある人に仕事を任せたいと思うし、繋がりを持ちたいと思うのです。

そんなわけで、ハードに働きすぎている人、周りに気を使いすぎてしまっている人、無理せず休んでしまってください。

休める人は、最高の人生を送れるようになるでしょう。