自分自身をもっと知るための恋愛や結婚という選択もありだと思う

純愛伝道師のやっちです。

LINE@やってます。主にやっちの部屋のイベント情報を配信!
魔法のコトバを打つと、やっちが恋愛相談に乗っちゃいます。
友だち追加

世の中がおもしろすぎて、現状で十分に幸せ?

最近は本当におもしろい世の中になりました。

何をやってもいいし、どんなことにも挑戦できます。

組織に属さなくても、商品づくり、売り場づくり、決済などもサービス活用で簡単にできてしまいます。

コミュニティの活用で、たくさんの繋がりを得て人生を豊かにすることもできます。

やることがありすぎて、先が楽しみすぎて、時間はいくらあっても足りませんね!

そんな中で、パートナーを見つけ、共に歩むという選択肢があります。

今のままで幸せな自分は、別に結婚とか意識する必要なんてない。

本当にそうでしょうか?

 

結婚は、自分をさらに深く知る手段

人生の目的の1つが「自分を知ること」な人には、結婚は本当にオススメ。

結婚は相手を幸せにするためのものだろうがぁ~!!

とか突っ込んでくる人は、忘れてるものがあります。

自分です。

結婚は、自分の人生に目覚め、自立している人こそより自分を探求できるものです。

相手を愛すること、自分を愛することで、自分を極限まで満たす。

ここで言う自立というのは、社会的に迷惑をかけないとかそういうことではなく、周りに流されて生きるのではなく、自分自身を生きるということです。

大好きな人の存在が、自分をもっと高めてくれる

 

周りにいる人は自分の潜在意識の投影である

結婚を遠ざけることは、幸せの枠を自分でせまくしているかもしれません。

現に、以前の僕は結婚を遠ざけていて、他人事のような見方をしていました。

理論的に考えるだけで完結していました。

しかも自分というせまい世界の中での判断。

自分の意識は、相手に潜在的な姿を投影することをご存知でしょうか?

やたらと怒鳴り散らす先輩・上司がいるとして、その人の本当の姿は自分に自信がない人。

あなたが、何かと落ち込みやすく自信がない人だとして、相手にそれを投影します。

ふと気づくと、自分の周りにいる人が以前と変わったと思ったことはありませんか?

前は居心地の良かった人たちが、今は居心地が悪くなるってことがありませんか?

潜在意識が求めるものにウソをつくと、そういう現象が起こります。自分にウソはつけませんね。

 

一番身近な他人であるパートナーこそ、自分の投影

あなたのパートナー、または候補の人は、いつも笑っていますか?

いつも怒っていますか?

いつも話し合いに応じてくれませんか?

なんで自分の気持ちをわかってくれないんだ?」と思うことがあるでしょう。

その答えは明白で、あなたがあなたをわかっていないからです。

そもそも言葉にしていないか、伝わる言葉で伝えていないかのどちらかです。

まとまらないのは、あなたがあなたの心を言葉に変えられていないから。

パートナーとの意思疎通にまず必要なことは、あなたが自分自身を理解することなんです。

 

最後に

結婚に対するイメージはまだまだ、過度なキラキライメージと束縛イメージの2パターンで覆い尽くされているように思います。

結婚はあくまで公約。結婚に意味をつけるのは自分たちです。

事実婚、同姓婚、契約結婚、別居婚etc……それ以外にも何か手段があるのでは?

自分だけのパートナーシップを見つけてほしいと思います。