女性性を学ぶ。「女性らしさ」で成功する時代への変化

純愛伝道師のやっちです。

今日はアラサー向けにあげガールコーチとして活動するひっこにご紹介いただき、3ヵ月先まで予約の取れない心理カウンセラー、根本裕幸さんのセミナーに行ってきました。

レポートではなく、僕が感じた主観として記事を書きます。あしからず。

テーマが「女性性」。

いろんなところで話を聞いていたものの、しっかりと話を聞くのが初めてな分野でした。

20名以上の女性がいる中で、男性1人の抜群のポツン。

 

そもそも男性性と女性性って??

男性性と女性性とは、肉体的な性別とは別に、心理的・精神的な部分における「男性らしさ」や「女性らしさ」のことを指します。一般的には、男性のほうが男性性が強く、女性は女性性が強いとされていますが、どちらもひとりの人間の中に存在しており、男女問わず誰しもが持っている感情です。

男性性に分類されるのは、論理性や、リーダーシップ、攻撃性、積極性、決断力などが一般的です。逆に女性性とされるのは、感情、やさしさ、包容力、柔軟性、共感性などです。

引用:ビジネス心理学

 

聞いたことがない人には、性が続いてるってどゆこと!?ってツッコミが聞こえてきそうです。

メディアでは女性性を高めることでより素晴らしい恋愛を・・・的な神話が出回ってますが、根本さんは「恋愛とは別物」とおっしゃってました。見事な期待へのバッサリ感。

名前やその言葉の意味はどうでもよくて、僕が興味深かったのは、今は世界が女性性を受け入れている時代であるということ。

 

 

Appleが21世紀になって爆発的に売れている理由

世界のAppleが今のように誰もが知る企業となり、愛される商品を生み出し続けるのは、ある一つのことが大きな理由であると思います。

それは、感覚で使うということ。

マジメに説明を聞いたり、説明書を読んで使う必要などまったくなく、シンプルに感覚で扱えるものであるということ。

Apple社に習い、次々と他の企業が感覚で扱える商品・サービスを生み出していったのは言うまでもありません。

世界がこれを受け入れるようになったことは、まさに感受性・感情の豊かさをシンボルとしている女性性を受け入れているということ。

世界は女性性を受け入れる時代になったということです。

 

 

男性性の時代から、女性性の時代へ

いわゆる「リーダー像」のイメージがパッと浮かびますか?

パワー、肉体、論理的、自立、するどい、力強いなど、男性性のシンボルがそのまま当てはまる像をイメージした人が多いんじゃないでしょうか。

これが、これまで考えられてきたリーダー像です。

同時に、世界をつくってきたのはいわゆる男性性ということを示しています。

女性もリーダーになろうものなら、たくましくなる必要がありました。女性性を抑制し、男性性を押し出します。

女が惚れる女という言葉が出るように、力強い女性リーダーが社会で活躍しています。

しかし最近、周りを見てみて気付きませんか?

女性らしさを全面的に出した女性リーダーがどんどん増えています。

女性らしい包容力や感性を感じる男性リーダーがどんどん増えています。

これが、先ほどAppleの話で出したような、時代が女性性を受け入れているという事実です。

 

 

女性性は、成熟すると強まる

人も組織もパートナーシップも、女性性は成熟することで強まってくるとのこと。

年を取ってきて男性が詩、音楽、ポエムなどをやりだすのは、女性性が目覚めているみたいです。

ものすごく頑固者で力こそすべてのような人が、ある日突然、可愛らしいものや感性を表現するものに転換していくのを見た経験のある人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

男性性と女性性は常に交互に表れる

その人に最初にそなわっているのがどちらかというだけの話で、男性性と女性性はバランスで成り立つ。

例えば男性性を出す必要がある環境に置かれた女性は、女性性を抑える必要がある。

例えば同姓の目が怖いので、可愛らしく振舞ったり、重いものを持つ時に男性に甘えたりするのを意識的にしないようにする。

女性性を抑え、男性性を上げていく。いつの間にか意識は変わり、男性性が強まる。

なにより怖いのは、女性性を抑えたことで「自分は男性性が強い人間である」と思い込み、本来の自分を見失うことです。

僕は元々、女性性が強い人間だったんですが、男性の中にいるのが辛くてあえて男性性を高めようとしてました。

でも一等賞になることや力を振りかざしてヒーローになることより、お花や雑貨を楽しんだり、可愛いカーテンやマットが好きでした。

いつの間にか両方とも好きになって今にいたるわけですが、振り返れば交互に入れ替わっていたなぁと感じてます。

 

 

人には辛い時期が必ずあって、そういう時は受け入れるしかない

人生には楽な時と辛い時があるようです。

そしてみなさん、辛い時期は無理やりにでも解決しようとしちゃうんですけど、女性性を傷つけると後々さらに辛くなります。

基本的には受け入れる。川の流れをせき止めない。

「与える」男性性を高める必要があるとき、「受けとる」女性性を高める必要があるときがあります。

短期的に見たら辛いかもしれませんが、長期的な目で見た時に辛さの先には「楽」がある。

バランスで成り立つのは仕事も家庭も人間関係も共通です。

悲しいことに、一時的な辛さで自殺まで追い込まれてしまう人がいます。

その時に死ぬ人と死なない人がいるのはなぜか?

それは、話を聞いてくれる人がいるかいないかだけと思います。

たった一人だけでいい。自分の話を聞いてくれる人を常に探し続けましょう。

必ずいます。

いないと言う人は、知らないだけ。

 

 

最後に

そんなわけで、今は女性性を世界が受け入れている時代です。

なんら不思議なことでも特別なことでもなくて、世界はバランスで成り立っていて、男性性、女性性ときて、また男性性がくる。

そしてそれは、女性性だから男性性は出さないということではなく、常に両方が存在しています。

交互にバランスをとっているだけなんですよね。

男性性時代にヒーローになっていた人で残っているのは、時代を敏感に感じて切り替えられた人、もしくは圧倒的に突き抜けた人。

生と死、陰と陽、男性性と女性性。

なんでもそうですが、コインには表と裏がある。両方あってコインなんです。