結婚相談所はコスパ良し?知っておくべき相談所を選ぶ基準3つ

恋愛インテグレーターのやっちです。(肩書き変えるので色々試してます)

婚活を結婚相談所を活用して頑張っている人へ。

某相談所に勤めた後、結婚相談所を開業した友人からいろいろ聞いてきましたよ!

みか

私もそろそろ相談所に行かないとまずい気がしてきてます。あっという間に30に……

やっち

(みかさん、既に僕に相談していること気付いていないのだろうか)

今回は、こういう相談所がいいんじゃない!?って話。

 

そもそも結婚相談所って何なの?

結婚相談所」とは、その名の通り結婚を考える人がお相手を探すです。
独身の方が会員として入会すると、結婚または結婚を前提として交際まで、お相手探しや出会いの調整、交際や結婚までカウンセリングなどの活動のフォローといったサービスが提供されます。
www.counselors.jp/lp7/matrimonial_agency.html
やっち

日本最大級の結婚相談所ネットワーク、IBJを押さえておけばとりあえずOK!

みか

IBJから相談所を検索すればいいんですね。でもやっちさん……相談所が多すぎるんですけど!!

やっち

そこなんですよ。僕も何を基準に選べばいいの?って。

結婚相談所はIBJに加盟しているところだけでも1,611社。

東京だけでも100社ぐらいあるんです。

みか

結婚相談所難民が出そうですね。あそこダメだったから次ここ!みたいな。

やっち

他のところに行けたらまだいいですけどね。ずっと居座っちゃう人もいるようです。

 

男性はカモ。負の無限ループがつくられている現実

結婚相談所って、ビジネスコンサル系の人がやることがあって、一部の人は悩みの心理につけこんだやり方をするそう。

結婚は勝ち負けではないという前提から外れているんですよね。

結婚が勝ち負けという基準をつくったのは、ビジネスやっている人にとって競争を煽ったほうが都合がいいからです。

僕なんて相談いただいた方に、「あなたは結婚じゃない。友達がほしいだけでしょ」って言ってますから。

とはいえ、基本的には結婚したくて相談に来ていて、たくさんの人と話ができるとわかれば嬉しいもの。

ただ、現実として男性がカモにされてしまうんですって。

 

モテなくてどうしようもなくて結婚相談所に行く

とにかくたくさんの女性に会えばいいんだよと言われる

入会金が無料もしくは格安で、参入障壁が低い。

誰かに会う度に5000円~10000円払う

たくさん会うから自分モテると勘違いする

より良い女性と会おうとする

成約の時に高額払う

 

やっち

安いかと思って入会したら、いつの間にかたくさん払っているパターンですね。

 

トータル費用は平均50万ほど。がむしゃらにやるよりコスパが良い

結婚相談所は平均して、入会に10万~20万、月謝が1万、成約時に10万~20万ほど。

大体、1年プランで組まれるようですが、およそ50万円ぐらいかかるようですね。

安いところで40万ほど。100万とか発生するところは、何にお金がかかっているのかよく調べたほうがいいですね。

ただ、注目すべきは自分の力だけで頑張った男性が、女性を落とすのにかける費用って100万にものぼるようなんです。

それを考えると、健全な相談所さんを活用して短期で結果を出したほうが効率は良いと思っています。

 

結婚相談所を選ぶ時のとっておきの基準3つ

みか

あまり多くても覚えられないので、3つなら安心ですね!

発信し続けている

これ、めちゃくちゃ重要みたいです。

発信が止まっているところはまず近づかないでおきましょう。

よほど大繁盛で手が回らないか、よほどめんどくさがりか。

どちらにしても相手にしてくれないでしょう。

 

家族経営である

担当しているその人自身が結婚している、家族がいる。

あくまで基準ですけどね。結婚している人って、結婚という経験が聞けるじゃないですか。

特に、大変な思いをして結婚をした人なんて、最高です。

また、家族経営でガッツリとパートナー同士で支え合いながらやっている相談所も安心できるようですよ。

 

副業ではなく本業である

何かの片手間でやっている人が意外に多いようです。

僕も現在、恋愛アドバイザーをやっていて思ったんですけど、1つの仕事に集中している人ってやっぱり信頼があるんです。

不動産、保険、ネット売買など何でも屋さんの1つが結婚相談所だとちょっと信頼ないですよね。

 

 

まとめ

  • 結婚を勝ち負けで捉えている人たちに気をつけよ
  • がむしゃらに100万使うより、50万の相談所もいいかもよ
  • 発信し続けているかどうかを見よ
  • 家族経営であるかどうかを見よ
  • 本業であるかどうかを見よ

 

就職する時に支援サービスを使うように、結婚する時に支援サービスを使うのはナイスな判断です。

ただ、結婚したら幸せが待っていると思わないでください。

結婚はただの節目であり、その先どうしていくかが大切なんです。

自分のことで一杯一杯の人が、他人と一緒に人生を歩もうなんて甘いですよ。

自分が自立しているからこそ、相手を幸せにできるんです。

そんなわけで、結婚相談所が救ってくれる……と寄りかかりすぎず、自分の足で立つことも意識しましょうね。