やきもちと嫉妬。「めんどくさい」の境界線

ヤキモチやきさんの味方、やっちです。

マイナビウーマンで、嫉妬とヤキモチについて書きました!

男性は彼女に嫉妬してほしいもの? めんどくさい嫉妬とかわいいヤキモチとは

 

嫉妬とは?

 

Wikipediaより一部抜粋
嫉妬(しっと、英: Jealousy)とは、一つの感情であり、主として何かを失うこと、または個人がとても価値をおくもの(特に人間関係の領域)を失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情に関連した言葉である。嫉妬は、たとえば怒り、恨み、自分とは釣り合わないという感覚、どうにもできないという無力感、嫌悪感といったさまざまな感情との複合から成る場合が多い。

 

嫉妬って、失うこと、または失うかもしれないという不安なんですね。

たとえば、彼が誰かと浮気しているかも? と思うことは、嫉妬なんですね。

後輩が活躍していて、自分の地位が脅かされるかもしれない……というのも嫉妬なんですね。

なんだか嫉妬という言葉のイメージ、少しずれていたかもしれません。

 

ヤキモチとは?

 

Wikipediaより引用
自分の、人に対する愛する愛情が他の人に愛情を注ぐのを嫌う事を「焼き餅を焼く」と言う。 嫉妬を参照。

 

ヤキモチを調べてみると、先に「嫉妬を参照」と出てきます。

およそ同じ意味で使われるようですが、自分が愛している人が他の人に愛情を注いでいることを嫌うってことですね。

でも、私たちって嫉妬とヤキモチを使い分けてますよね?

ヤキモチをやくっていう言葉って、なんだかかわいらしい感じがしませんか。

ヤキモチをやくぐらいなら別に構わないけど、嫉妬はなんだかダークさがにじみ出て、重たい感じがします。

嫉妬とヤキモチ。男性はどこまでがうれしくて、どこまでがめんどくさいのか、その辺りを観察した記事です。

よかったら読んでみてくださいね。