本能で好きになる。言葉にできない好きになったらしょうがない理論

恋愛アドバイザーのやっちです。

いつの間にか、Googleで”恋愛アドバイザー”で検索するとTOP5に出てくるようになりました。

皆さんが見てくれてるからですね!更新がんばります(^O^)

やっち

さて、今日は人を好きになるのって本能と理性、どちらを考えるべきなの?という話です。なんで好きかって?好きになっちゃったんだもん。しょうがないじゃん。

 

人は人を本能で好きになる
外見も内面もまったく好みでない女性を「とても可愛らしくて守ってあげたい」って思った時に、それを説明するのって難しくないですか?それって、本能で惹かれているということなんですよね。人って感情を言葉にして相手に伝えますが、感情を言葉にできないことなんて、あって当然といえば当然です。

 

 

好きになったらしょうがない

人を好きになる時ってどんな時ですか?

触れた時にドキッとしたり、優しさや温もりを感じたり、ふと自然な状態でいれる自分に気付けたり。

人によっては、さよならをする時に寂しくなって、その人とずっと一緒にいたいってなる人もいるかもしれません。

なんでこんなやつ好きになっちゃったんだろう?」って思うことありませんか?

「こんなやつ」の中には、”世間で言う評価が低い”、”自分にとって嫌な部分を持っている”などがあると思います。

そのすべてを吹き飛ばして、理屈を超えた”好き”があるわけですよね。

ということは、「考えることを通り越して、なんかこの人ともっと一緒にいたい!!って想い」が、好きということなのかなって感じてます。

ということは、誰かを好きになる気持ちがわからない人は、理由を考えちゃってるってことだとわかります。

理性が本能をギュッと抑えているんですね。

 

 

考えるベテランほどわからなくなる

考えることが好きな人って多いんですよ。

そして考えるからこそ行動できません。

優秀なビジネスマンでも「恋愛よくわかりません」って人がいるのは、頭が良いからでしょうね。

「好きになるのに理由がいるの?」この言葉は本質を突いていて、まさに理由を考えるから恋愛がわからなくなるんです。

食べること、寝ることにいちいち理由を突き詰めて考えますか?

シリコンバレー式〇〇などの話題にでもならない限り、そこまで考えませんよね?

「だって好きになっちゃったんだもん。しょうがないじゃん。」

これは、考えることに意味はないことを表しています。

 

 

理由なしに本能で好きになるのは諸刃の剣

好きになっちゃったからしょうがないという人は、別れる理由を考えない思考停止のリスクもあります。

というのも、相手からお金を奪われようが暴力を振るわれようが付き合い続ける人がいるんですよね。

よく聞く話では、「お金や仕事で苦労している、またはおっちょこちょいすぎてほっておけないので、私が側にいて支えてあげなきゃダメだ。」というパターンです。

いくら周りから早く別れなよと言われても、「好きなんだからしょうがないじゃん」と言います。

本人曰く、「後から冷静に考えるとありえない」と言うものです。

理由なしに好きになるということは、こういうこともあり得るんですね。

考えていない会社員を思考停止と批判することがありますが、恋愛における思考停止は、自分の身の安全を無視して恋することですね。

 

 

”好きになっちゃった”という本能は、考えながらできるのか

どんなダメ男に引っかかろうとも、好きになっちゃったものはしょうがないのか?

結局は、客観的に考えることが必要で、本能は二の次なのか。

 

 

本能に従いながら思考を働かせて恋することはできないんでしょうか。

良い方法があります。

保険をかけておくという方法です。

「私が彼に夢中になりすぎて頭おかしくなっちゃった時、ぶん殴ってでも目覚めさせてくれない?」

こんな感じで、友人や周りの人に約束をしておきます。

そして、一緒に遊ぶなどして、その人に恋人を知っておいてもらうのがいいですね。

自分ではわからない視点を持っておいてもらいます。

 

 

自分をオープンにすることが、自分を守ることになる

自分の良い部分ばかりSNSでアップしたり周りの人に話すのもいいですが、負の部分も伝えることをオススメします。

恋愛においては特に、うまくいっていることをアピールしたいと思うんですが、実際うまくいっていない場合は後でろくなことになりません。

自分とはちがう視点で話をしてくれる人がいた時に、自分では解決しようがないと思っていたことが、別の視点で捉えることで関係が修復した例もあります。

コーチングの世界では自分では自分のことはわからない。そして答えはいつも、あなたの中にあるとされています。

自分のことは自分でわからない。でも確かに答えは自分の中にある。

じゃあ、誰かに自分を見つめることを手伝ってもらったらいいんですよ。

自分だけで考えて得られることはたかが知れています。

だから、とにかく誰かに話しましょう。

それが、自分を守ることになるんです。

 

 

最後に

人を好きになるときの本能と理性の関係。

”好きになっちゃった”という理由のない本能的な想いは、愛を強めもしますが、諸刃の剣になることもあります。

 

起きていること

好きになるのに理由はいらない。

以前、理由なしに付き合ったら、心身共にズタボロにされてしまった。

やっぱり理性で恋愛は考えなきゃダメなんだ。

でも目の前のこの人は、条件にまったく当てはまらないのに、忘れられないほど好きだ、どうしよう。

 

やっち

本能で好きになっても大丈夫なように対策打ちましょうね

 

「前にこんなことで傷ついて、気になる人がいるんだけど、また同じことを繰り返すような気がしてるんだよね……」

では、そうなった時にいつでも異変に気付ける仲間を持ちましょう。

そして約束したら、仲間にウソをつかないこと。良いことも悪いことも伝えること。

大好きな人と別れたとしても、きっと仲間が癒してくれますよ。