ぼーっとすることが重要。学びを結果に変えるアウトプット大全

読書大好きやっちです。

精神科医の方が著者である、アウトプット大全を読みました。

アウトプットの専門書なので、自分が得たものをどう残していくかを知りたい方にはオススメです。

「インプット過多にならずにアウトプットしましょう」ということが書かれているのではないかと思いましたが、この本は生活のひとつひとつを一変させる力のある本でした。

それほど、1日1日を丁寧に、ひとつひとつの出来事を大切にしたライフスタイルを送れる可能性を秘めた内容だったのです。

その中でも、毎日当たり前にやっていることで、自分の能力を上げる可能性のあることに注目しました。

 

 

6時間未満の睡眠は能力を著しく低下させる

6時間睡眠の僕にとって、かなり衝撃的だったのがこれ。

ペンシルベニア大学の研究で、6時間睡眠を14日間続けると、2日間完全に徹夜したときと同程度の集中力低下をきたしていることが明らかにされました。毎日6時間しか寝ていない人には、毎日、徹夜明けで仕事をしているのと同じくらいの仕事しかこなせないという、衝撃的なデータです。

ー本文より引用

 

睡眠不足は勉強の効率を下げるだけではないそうです。

がんのリスクが6倍、脳卒中のリスクが4倍、心筋梗塞のリスクが3倍。

寿命を縮めていますね。

娘が生まれたばかりの僕には、睡眠しない手はないと思っています。

人生100年時代、長生きしないとですね。

僕はもう、ずっとやってきた6時間睡眠を今回をもって卒業します。

(昨日は寝すぎて8時間でした)

 

 

通常の活動量の15倍! ぼーっとする重要性

毎日、ぼーっとしていますか?

僕はぼーっとすることには自信がありました。

ぼーっとしすぎて怒られるほどです。

天然でもあり、必要なことだからやっています。

なんと、ぼーっとしているときって脳の活動量が普段の15倍なんだそうです。

そんなに活動したら疲れちゃう?

いえいえ、1日にたくさん活動することで、前頭前野の物事を深く考える機能を向上させるのだそうです。

ぼーっとすることで、脳の中に蓄積されたたくさんのことを整理整頓しているんですね。

いつも忙しく過ごし、睡眠時間も少ない人って、考える力が低下しているかもしれません。

 

 

運動で、神経細胞を増殖させ頭をよくする

 

私が医師になった25年前は、「脳の神経細胞は増殖しない。神経細胞の数は生まれてから減るだけで、増えることは決してない」と習いましたが、その神経学の大前提が、近年覆されました。

海馬の歯状回で、顆粒細胞という神経細胞が新生することが発見されたのです。

つまり、人間の脳では毎日、新しい神経細胞がつくられ続けているのです。

ー本文より引用

 

神経細胞って増えるんですね!

増えるとどうなるかというと、記憶力がよくなり、頭がよくなるとのだそうです。

神経の新生に必須の物質がBDNFと呼ばれ、これが有酸素運動によって生まれるんですって!

速攻、運動しようって思いました。笑

理想は1回1時間程度の有酸素運動を週2回以上。

わずか20分でもドーパミンが分泌され、集中力、記憶力、学習機能、モチベーションアップが認められるようです。

「やせる」ではやる気が出なかった僕も、「頭がよくなる」ということならやってみようと思いました。

なぜなら、頭がよければよいほど、いい言葉に巡り会える機会が増えるからです。

 

 

得たものを自分のものにするために

ノートを書くなら、内容に加えて3つの気づきと3つのTodoを。

覚えたことは、2週間に3回復習すると忘れない。

打つのではなく、書くことで記憶が長く定着する。

インプットとアウトプットの黄金比は3:7。

著書でもいろいろな方法が言われていますが、得たものを自分に定着させるための工夫は大切ですね。

僕は手帳やEvernoteに蓄積されたものを引っ張ってきて言葉や文章にしています。

得たものを保存すること、整理すること、発信していくことを自分に合ったやり方で循環が作れるといいですね。

得た材料は、どんなに良質なものであっても自分で調理しなくては宝の持ち腐れ。

お肉、玉ねぎ、じゃがいも、人参、カレー粉を手にしてもカレーにはならないけど、自分なりに料理をすれば、カレーという自分の作品になります。

作品を作ることで、インプットが形を変えて自分のものになるわけです。

 

 

アウトプットの質を高めることで、インプットの質も高まる

アウトプットのことを考えて自分なりに実践していくことで、考える力がつきそうです。

寝る時間、ぼーっとする時間、運動する時間などで人生が変わるとしたら、すごいことですよね。

仕事の生産性、メモやノートのとり方だけがアウトプットの質を高めるわけではないのです。

なんでもかんでも書いておく必要はなく、ルールを設けたアウトプットを続けることが大きな力になります。

自分なりにしっかり調理して、コトコト煮込んで、とてつもなく美味しいカレーにしていきましょう。

きっと毎日が楽しくなるはず!