プロフィール〜やっちの生き方解体新書〜

やっちです。

ひたすら愛妻家の純愛伝道師。

誰かと毎日話したい人間で、特に恋バナが好きです。

反面、一人の時間が好きで、ブログや読書の時間が多いです。

やっち

恋バナがずっと好きだったことや結婚をきっかけに、恋愛についての発信をすることにしました!

 

ブログを始めたきっかけ

幸せについてずっと考えていた

学生の頃から「幸せってなんだろう?」ってずっと考えてました。

20代半ばぐらいまで、お金、家族、社会的地位があれば幸せって思ってました。

ところが、たくさんの人に出会って話を聞いていると、それらを満たしているのに幸せな人と幸せでない人がいたんです。

これはどういうことかと思いました。

 

強い繋がりと幸せを実感できる力

幸せに生きているたくさんの人から話を聞いてみて気付いたことがあります。

幸せな人は、人との強い繋がりを持っているということでした。

幸せでない人は、何もかも持っているのに、人との強い繋がりに確信を持てていなかったんです。

そして幸せな人は、小さなこと、当たり前のことに常に感謝していることに気付きました。

ここで確信したことは、幸せとは、得るものではなく、ささいな幸せを感じられる力を持っているということ。

幸せを感じられる自分になればいいんだ!!

これに気付くのに10年ぐらいかかり、かなり苦しみました。

何かを得たら幸せ、こうなったら幸せ、と考えているうちは、一生追いかけ続けると思います。

大きな会社に勤めたり、お金をたくさん持っていたり、たくさんの人に囲まれて人気のある人が鬱になることがあるのは、そういうことかと。

だから、どんな最悪な状況にいようとも、今を一生懸命に生き、そこにある幸せを見つけられる自分になる。

それができたら、どんな荒波も乗り越えられるのではと思い、幸せってなんだろうね?というメッセージを持ちながら発信するようにしています。

 

妻との出会いと結婚

もう一つ、ブログを始めようと思ったきっかけがあります。

妻との出会いと結婚が、自分の世界観を大きく変えました。

これに関しての詳細は後述していますが、恋愛と結婚の素晴らしさを思い知ることとなったんです。

人との繋がりの強さを考えた時に、家族やパートナーとの繋がりがまず浮かびました。

幸せを感じられること、そして生涯パートナーを得るためにどんな自分で在ることが必要か。

以前の自分では考えられなかった体験や気付きを、ブログに残したくなったんです。

寄り道しても大丈夫な方は、下記の生い立ちも見ていただけたら喜びます。

 

生まれてから今にいたるまで

 

やっち

ここまで読んでくださりありがとうございます。この先は、今の仕事を始めるのに考えてきたことです。

 

決められた枠の中から自分のやりたいことを選択するのをやめた

良い会社を選ぶ、良い働き方を選ぶ、そういった決められた枠から仕事を選ぶのを辞めました。

居心地の良い仕事や環境を自分でつくればいい。

冒頭の話になりますが、幸せとは何かを考えた時に、まずは幸せを感じられる力を身につけるのが鉄則です。

僕にとっての幸せは、死ぬ前の後悔をなるべく小さくすること、愛すべき人が周りにいて、いかに濃密な良い時間を過ごせるかということです。

それは家族であったり、恋人であったり、親友であったり、そんな大切な人との時間をどれだけ濃くできるかということ。

家族はもちろん、自分が関わる人が少しでも幸せになれたら嬉しく思います。

そんな考えの元、スタートさせたのが恋愛アドバイザーという仕事でした。

 

 

結婚をするという意味を考える

結婚はあくまで選択。

あえて結婚しない人も増えています。

ただ、結婚したいと少しでも思うなら、僕は結婚を本気で応援するし、オススメします

 

All in Marriage」という言葉が、胸に突き刺さった。

この言葉をご存知ですか?牧師さんから聞いたのですが、Garaguly Staytonさんの言葉です。

すべては結婚の中にあるということです。

結婚することでわかることは数知れません。

人と人生を歩む覚悟、家族が2つになるということ、いくつもの乗り越えるべき試練、子供の存在etc……

これほど自分という人間が試されることはないと思います。

大げさでもなんでもなく、強い自分も弱い自分も、どんな自分も出てきます。

だからこそ、途中で投げ出してしまう人も多いです。

自分をさらけ出すことが怖くなったり、自分の非を認めたくないが故に相手を責め続けてしまったりします。

そんな試練の連続だからこそ、自分を知りたい、高めたいという人には本気でオススメです。

 

妻との出会いで価値観が変わる

かくいう僕も結婚に関しては関心のないほうでした。

結婚は30代半ばぐらいでできればいいかなぁぐらいにぼんやり考えていました。

その思いは妻との出会いで見事に変わり、27歳で結婚することになりました。

いつも何かに焦り、「成長ができているか」が日々の基準になっており、本を読み漁り、毎週のようにセミナーやイベントに参加、仕事に打ち込む日々。

そんな僕とは真逆で、妻はいつも自然体でした。

事務仕事をしながら、大好きな音楽を続ける日々。

音楽の時間、本番になると目つきが変わり、真剣さと共にとても楽しんでやっていることが伝わります。

何かに囚われることなく、ただ自分のやりたいこと、自分がどう思うかを基準にする彼女に、僕は胸を打たれました。

 

一体、自分は何と比べていたのか

肩の荷がすっと下りた感じを、今でも覚えています。

彼女の生き方は、僕という一人の人間を変えました。

何かを言われたわけではなく自然に変われたのは、彼女の在り方がそうさせたのだと今は思っています。

人の在り方が大きな影響力を持つことを、この時に本当の意味で知ることとなりました。

妻が僕に気付かせてくれたように、僕も誰かの”気付き”となるような存在になりたいと考えるようになりました。

 

 

結婚の反対である、離婚を考える

日本では3分の1が離婚。親しい友人が8組中4組離婚という現実。

妻と結婚して数年が経ち、日本では離婚する人がとても多いことを知りました。

恋愛アドバイザーの仕事を始めて知ったことで、この現実は自分の中でかなりショックでした。

さらには、続々と親友の離婚の話が入ってきた時には、益々実感しました。

離婚が起こる背景には何があるのだろうと、話を聞いたり、勉強しました。

すると見えてきたのは、圧倒的なコミュニケーション不足とお互いの思い込みの強さ

これを知った時、離婚は、付き合っている時のコミュニケーションから生まれているのでは?と考えました。

 

 

コミュニケーションに活かすための自分軸

恋愛アドバイスをするに当たり、ただテクニックやノウハウを教えるだけでは自信がつくのみと考えました。

一生使える、本質的な考え方や、感性を磨くためにはどうすれば良いか?

そこで、相手を愛し、受け入れるために必要なことは、まず自分自身を受け入れることと考えました。

というのも、自分のことを嫌いな人は、自分のことで一杯一杯です。

満杯になった自分の器に、他人が入り込むスキマがあるでしょうか?

ゆとりがあることで、相手を受け入れることができるんです。

僕は、自分のビジョン・価値観・方針などを認めて受け入れられている状態を、「自分軸をもつ」と表現しています。

 

 

 

自分のことは自分ではわからない

「自分軸」という言葉を使いましたが、結婚をするために一番大切なスタートは、自分を知ることです。

僕はそれなりの恋愛経験と、それなりの相手への優しさで、自分はコミュニケーションがうまくできていると勘違いしてました。

実際には、どれだけ相手を傷つけてきたか知りません。

過去に戻れるなら、過去の自分にコーチングを強く進めたでしょう。

”自分は大丈夫”と思っている人が、意外と離婚が多いのをご存知でしたか?

僕の周りの友人で離婚した人間は、年収があり、時間もあり、趣味も充実したステキな人ばかりでした。

僕は以前と変わらない自分のまま結婚していたら、もしかしたら妻と離婚することもあったでしょう。

まずは自分を知ることができているか?

そこからが、相手を受け入れたコミュニケーションのスタートです。

離婚の原因は、いつだってコミュニケーション不足から始まります。

だからこそ、相手と向き合うために自分を整理し、自分軸をつくることが必要です。

 

多様性に富み、自由に生きられるこの時代。

「結婚しなくても楽しいよ?それでも、どうして結婚したいと思うの?」

このブログでは、そんな問いをベースに、生涯パートナーを得るための土台づくりをお伝えできたらと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

日々繋がる皆さんと一緒にどんな場がつくれるか、楽しみで仕方ありません。

恋愛相談はもちろん、人生相談はいつでも連絡ください。

 

 

 

イベント情報の発信はこちらにて!相談箱にて140文字程度の相談無料!お気軽に登録ください!

友だち追加

 

【現在13名!】恋愛・結婚・夫婦についてテーマを設けてオンラインで語り合い、それぞれの意見や経験から学ぶ場、やっちの部屋onlineを活用ください(^-^)

  • 月額1620円!
  • 月1でメンバーからのテーマ決め!
  • 1~2ヵ月に一度のオフ会!
  • 恋愛相談を受ける中で気になった内容をコラム発信!
  • オススメの本、映画、記事などを発信!
  • 個人名を明かして相談が厳しい人は匿名相談可!