2017年恋愛相談の振り返り。強くなりすぎて恋愛が遠ざかる女子の多さ

やっち

どうもー!2017年はほんっと恋バナした!楽しかったー!

みか

私も好きなほうだと思ってたんですけど、せいぜい週2の飲み会ぐらい。やっちさん好きすぎでしょ。

 

2017年は恋愛アドバイザー元年

恋バナは趣味? とか。

仕事にするにしても、何か仕事やりながら副業でやるものかな? とか。

600万PVの主婦ブロガー、DJあおいさんぐらいじゃないと恋愛アドバイザーを名乗れない? とか。

そんなことすべて考える前に動いてました!!

やっち

そんなわけで、恋バナの振り返り!!

 

恋愛がわからない

恋愛がわからない症候群には、根本原因が必ずあります。

女性は、本能的に呼吸するように恋愛しているのが普通です。

それが止まっているということは、それなりの大きな理由があります。

 

多くの人から寄せられた悩みは以下の通りです。

  • お母さんと仲が悪くて、お母さんの許しがないと恋愛ができないと思っていた
  • お父さんが好きすぎて、お父さんみたいな人と付き合いたかった
  • 恋愛スイッチの元である女性性にフタをし、嬉しい、楽しい、悲しいなどの感性を掴むのが難しくなっていた
  • そもそも人に興味を持てなかった
  • 複数の男性がいた時に、全員良くて、判断がつかない。自分の人生の判断軸を見失っていた
  • 面白いものがこの世に溢れすぎていて、恋愛というカテゴリーがTOP7位になっていた

 

みか

人それぞれってこういうことを言うんですね

 

好きな人には振り向かれないけど、変な人にモテる

モテ女子のあるある。

ただ、なかなか自分の好きな人と結ばれなくて苦しい。

みか

そうそう! そうなんです! なんかおじさんとか薄っぺらい若者にモテるんですけど、なんなんですかねこれ!

変な人にだけモテるのは、次の2つが主な原因です。

  • 傷ついた心、トラウマを抱えている
  • 強く在ろうとして最強を目指す

 

傷ついた心、トラウマについては、幼少期~社会人になるにあたり辛すぎて心のフタをしたものです。

癒やしが必要なのでカウンセリングが必要になりますが、多くの人はその必要性に気づかないのでそのまま過ごします。

そこで、武装さえしていれば傷つくことはあるまいと、強くあり続けようとします。

するとどうでしょう、心が弱くて強いものに頼ろうとする男性ばかりが集まってくるのです。

類は友を呼ぶ、というのは潜在意識でも繋がってしまうんですね。

 

やっち

心の類友は、引き寄せの法則などでよく知られている現象です。

 

結婚相談所に通っているが、結婚までいけない

僕、この仕事始めて一番驚いたのがこれなんですよね。

結婚相談所に既にいっているのに、やっちの所に来た!

もちろん、嬉しさ極まりないことです。

そもそも、結婚したいけど自力では難しいから相談所にいくんですよね?

なのに、相談所から僕のような恋愛アドバイザーの所に来るということは……

相談所が機能していないということになります。

みか

すべてではなく、素晴らしい相談所はたくさんあるので下調べが重要なんだと思います

 

結婚相談所に通い、6ヵ月やって結果が出ないなら、マッチングとは別の原因があると考えられます。

占いでも街コンでも、根本原因は変わらないと思います。

意識に目を向け、改善していくことが必要です。

 

付き合って2年。彼のこと好きだけど結婚したいとは思えない

即刻別れるべきだと思う人もいるかもしれません。

今付き合っている彼とは結婚したいと思えないけど、早く結婚したい。

この矛盾にお気づきですか?

矛盾が生まれるにあたり、引っかかっている何かがあるということなんです。

原因を明らかにする必要があります。

たとえば、

  • 彼の本当の魅力に気付いていないのでは? という仮説
  • 結婚自体、本当はしたくないのでは? という仮説

 

彼のことでまだ知らない部分が多いようでしたら、旅行に行ったり、普段やったり、彼の好きなことにとことん付き合うなど、彼をもっと知ってみましょう。

あるいは、自分の問題としてそもそも結婚したいと思っていないのかもしれません。

もし、まわりが結婚しているからと焦っているのであれば、自分は本当に結婚したいのか? という問いを自分で掘り下げてみるといいでしょう。

みか

自分が結婚したくて、さらに心から愛する人がいるなら、自然に積極的になれますもんね

 

総括:2017年の恋愛相談

今年は、強くなりすぎて女性らしさを忘れちゃった系女子が多かった印象です。

その場合は、とにかく余白を作ってください。

余白というのは、何も考えない時間を持つということです。

散歩や自然のある場所に出かけたりなど、自分を落ち着かせるということも大切です。

仕事を優先させたいのもわかります。

ただ、仕事を優先させて恋愛を置き去りにした40代、50代の人たちは、20年前から今もなお婚活を続けている現実があります。

1年だけでも、恋愛最優先の年があってもいいと思うのです。

やっち

恋愛はタイミングって見方も大事ですが、意識しないとタイミングすらわかりませんからね!

Sponsored Links