2017年の恋愛相談をすべて振り返る

やっち

どうもー!2017年はほんっと恋バナした!楽しかったー!

みか

私も好きなほうだと思ってたんですけど、せいぜい週2の飲み会ぐらい。やっちさん好きすぎでしょ。

 

2017年は恋愛アドバイザー元年!恋愛、結婚、夫婦をこんなに考えた年はない

恋バナは趣味?とか。

仕事にするにしても、何か仕事やりながら副業でやるものかな?とか。

600万PVの主婦ブロガー、DJあおいさんぐらいじゃないと恋愛アドバイザーを名乗れない?とか。

そんなことすべて考える前に動いてました!!

好きで得意でニーズがあること以外に理由がいるだろうか?

動き出すのに、まずはそれでいいんです。

やっち

そんなわけで、恋バナの振り返り!!

 

恋愛がわからない

恋愛がわからない症候群には、根本原因が必ずあります。

特に女性の場合は重症。

女性は、呼吸するように恋愛しているのが普通です。

個性とか、男も女も関係なくない?とかの次元ではなく、重症です。

 

原因を突き止めたものは以下の通りです。

  • お母さんと仲が悪くて、お母さんの許しがないと恋愛ができないと思っていた
  • お父さんが好きすぎて、お父さんみたいな人と付き合いたかった
  • 恋愛スイッチの元である女性性にフタをし、嬉しい、楽しい、悲しいなどの感性を掴むのが難しくなっていた
  • そもそも人に興味を持てなかった
  • 複数の男性がいた時に、全員良くて、判断がつかない。自分の人生の判断軸を見失っていた
  • 面白いものがこの世に溢れすぎていて、恋愛というカテゴリーがTOP7位になっていた

 

みか

人それぞれってこういうことを言うんですね

 

好きな人には振り向かれないけど、変な人にモテる

いい感じの女子のあるある。

モテるんですよ。

ただ、モテるとか関係なくて、自分の好きな人と結ばれなくて苦しい。

みか

そうそう!!そうなんです!なんかおじさんとか薄っぺらい若者にモテるんですけど、なんなんですかねこれ!

これ、なんか名前つけれたらいいんですけどね。

モテるけど好きな人と結ばれない。

モテばれない。

モテない。

共通して言えることは、この、モテ女子あるある現象は、次の2つが主な原因です。

  • 理想が高すぎる
  • 誤った方向で自信がありすぎる

理想っていうのは、自分が生み出している虚像でもあります。

というのも、自分の中にあるものでしか、人は理想を描けないから。

どういうことかというと、自分よりもかなり先をいっている憧れの人を好きになるということ。

遠すぎるとろくなことがないので、せめて手が届く範囲にしてください。

誤った方向での自信は、自信を持つこと自体は間違ってなくて、方向性を誤るということ。

自分軸があることと、自信ってちょっと違います。

自分軸はあえて簡素化すると、「何者にも左右されない、自分はこういう人間である」ということ。

自信は、「自分を信じる」ということなんですけど、芯がなくても自分を騙して信じることはできます。

本音ではない、偽造された自信が生まれることもあります。

理想を高くするための理由、自信をつけるための理由がなにかあったということ。

それを探す作業が必要になります。

やっち

ちなみに、この問題はよく「引き寄せ」うんぬんで片付けられることが多いです。あなたが悪い人だと悪い人を引き寄せて、良い人だと良い人を引き寄せる。30%ぐらいは合ってるんですけどね。

 

結婚相談所に通っているが、結婚までいけない

僕、この仕事始めて一番驚いたのがこれなんですよね。

結婚相談所に既にいっているのに、やっちの所に来たの!?

もちろん、嬉しさ極まりないことだったんですけども。

結婚したいけど、自力ではなかなか難しいから相談所にいくんですよね?

なのに、相談所から僕のような恋愛アドバイザーの所に来るということは……

相談所が機能していないということになる。(良い場所、良い人を知っているので、一部そういう所があるということ)

みか

ほんとに、素晴らしい相談所はたくさんあるので、下調べが重要なんだと思います

 

結婚相談所に長く通っているけど、相手が見つからない人へ。

6ヵ月やって結果が出ないなら、何か別の原因があります。

恋も仕事も。目標設定をすることで6ヶ月後に描いた自分が現実になる

相談所の次に占いでも街コンでも何でも構わないんですけど、少し変化球を挟んでみてもいいかもしれません。

 

付き合って2年。彼のこと好きだと思うんですけど、結婚したいとは思えないんです

これは即刻別れるべきだと思いましたが、それは押し付けなので言いません。

今付き合っている彼とは結婚したいと思えないけど、早く結婚したい。

この矛盾にお気づきですか?

ただ、それを言葉に出すほどに、引っかかっている何かがあるということなんです。

結婚するしないの前に、それを明らかにする必要があります。

  • 彼の本当の魅力に気付いていないのでは?という仮説
  • 結婚自体、本当はしたくないのでは?という仮説

この2つから入りましたが、紐解いていくと、彼の不安材料の多さが決め手。

世の中の男性の皆様、人柄やステータスも大事ですが、一つ一つの言動で不安に感じさせて結婚を見送ることもあるんですよ

女性は不安要素をきっちりと払拭するのは苦手なので、日々の接し方で「お前を幸せにするぜ!」を示しましょう。

みか

すべての理屈を吹き飛ばすほどの愛で包み込んでほしいです

 

総括:2017年の恋愛相談

今年は、生産性を追求する動きに男モードに入りすぎて、女性らしさを忘れちゃった系女子が多かった印象です。

とにかく余白を作ってください。緊急性高いです。

できる女子やなぁ、強いな、勉強してるな、努力してるな。

そんなアピール捨てちゃっていいんですよ。

自然に動いていて、毎日楽しくてしょうがない人と、無理して自分にムチ打って動いている人は明白。

一回、自分を休ませてあげないと、本気で恋愛できなくなりますよ。

40代、50代で20年前から、今もなお婚活を続けている人がいます。

恋愛最優先の年があっても、全然手遅れにはなりませんので、いける時にGOです!

やっち

恋愛はタイミングって見方も大事ですが、意識しないとタイミングすらわかりませんからね!