20代後半女性。10人交際でも「この人!」とならない理由

純愛伝道師のやっちです。

REALOVE 純愛を求める人たちへ。

本日は20代後半女性のAさん。

恋愛相談のセッションになります。

 

もうダメかも。良い人いても続かない。

明らかに恋愛経験ベテランそうなAさんは、 話を聞いてみても、やはりたくさんの人と付き合っていました。

その数10人以上。「以上」という言葉から謙遜さがうかがえました。

 

ーたくさんの方とお付き合いされてるんですね。なぜ、続かないんでしょうか。

 

優しい人は飽きて別れてしまうんです。

自分と同じタイプの人はケンカ別れしてしまいます。

長い人でも1年半ですね。

家族みたいになってしまう。もっとドキドキしたい・・・

元カレとは縁切らずに遊んでる人もいます。

彼のためによくないとは思ってるんですが。

遊んでくれる人がいるから彼も安心してしまうのではと感じますね。

あせって付き合いたくないんです。

「この人でいいや」という妥協は嫌だ。

短期的な人はいたものの、3年ぐらい彼氏はいないです。

元カレはとても優しくて、包容力がありました。

感謝をしっかり伝えてくれたり、私を受け入れてくれました。結婚も考えました。

 

ーそれでも、続かなかったんですか?

 

彼の二度の失敗から、将来への不安が消えず、別れを切り出すことになりました。

男は将来性を感じなくなったらやはり厳しいですね。

 

 

どうしてくれってわけじゃない。聞いてくれればいい。

ー内面的に問題があるわけでもなさそうですが・・・続かないんですね。

私と付き合ってきた男性は、ほとんどの人が優しかったです。

束縛されるのは困る。でもちょっと束縛は時々ほしい。

全く嫉妬しないのはつまらない。

 

ーその気持ちとてもわかります。女性らしいなって思いました。

 

そうですか??

周りからよくツンデレと言われるんです。笑

 

 

GW、ペルーに行った時のおじさまがステキすぎた

たまたま出逢ったご夫婦がいました。

旦那さんの紳士的ですべてを受け入れてくれるその姿勢に、本当に心がほっこりしたんです。

こんな夫婦がいいなと、誰にでも自然体であるそのおじさまに憧れました。

ーAさんの描く「こうなったらいいな」を感じました。

 

 

ずっと、好きなのかどうかわからない人がいる

何度か遊んでた好きな人がいたけど、連絡が途絶えてしまったんです。

しばらくしてまた今年1月に会うことになり、好きになっていいかたずねました。

すると、「わからない」と言われてしまった。それからは会っていません。

 

ー会ってなくても、まだ気になってるんですか?

 

ちょっとよくわからない人。でも今、もっとも気になる人ということです。

ミステリアスさも魅力ですね。でも、わからないからこそ将来が不安なんです。

将来が見える安心感ってやっぱりほしいですよね。

 

 

一歩引いてしまう第三者目線

ーどんな風に人と会うんでしょう?

婚活パーティに行った時も、就活の時も自分ごとじゃなかったんです。

人と会っても集中力が続かなくて、深く考えすぎてしまう。

スタート遅いけど、決めたら早いんですよ。

 

ー分析を始めてしまうクセがあるようです。一歩引いて考えるんですね。

 

 

世間の評価、そして表裏のある顔が気になる

近い人とすぐにつきあっちゃう。

大学の時、年下彼氏と付き合うまではなんでもなかったのに、付き合った途端に年下彼氏に厳しくしていました。

その理由として、とにかくしっかりしてほしかったんですよ。

周りからの目線が気になって、世間の評価が気になるんです。

「こんな人の彼女」と思われるのが嫌だった。

ある優しくしてくれた人に、「え?好きな人に優しくするの当り前じゃん」と言われた時に、冷めて別れました。

自分と周りで見せる顔がちがうひとは嫌だったんです。

 

ー意外です。特別扱いは嬉しいものと思っていました。

 

そうですか?

私は、周りに見せる顔を、私にも見せてほしいです。

 

ーその視点はなかったですねぇ。勉強になります。

 

いえ、そんな・・・。

今日はありがとうございました。

 

まとめ

Aさんの過去のこと、今思うことを整理しました。

 

①付き合ってきた男性は、本当に優しい人ばかりだったのか

②描いている在りたい姿があるのに行動できない理由は何か

③好きになったよくわからない人を、よくわからないままにして良いのか

 

主にこの3点について。

Aさんは特に①について感銘を受けたとのこと。

僕は彼女の様子を見ていて、優しくしてくれる男性は彼女のたくましさに、自分を強く見せ続けてムリをしていたのではないかと感じました。

 

付き合ってきた男性と理想のギャップ

Aさんは裏表のない、自然体な男性と付き合いたい。

でも、ガッチリと鎧を着た男性たちと付き合っていたとしたら?

表面的な部分だけを見て判断してしまえば、確かに飽きてしまったり、

本心でぶつかることができません。

 

わからないものをわからないままにしておく一生続く不安

好きだけどわからないからうやむやなままな人がいる。

この人がいる限り、Aさんはまた過去の恋愛を繰り返してしまうと思いました。

だから強く言ったことは、「不安はどんな素晴らしい人にもある。だから、不安であることは、うやむやをそのままにしておく理由にはならない。」ということ。

ここで彼女の表情が少し明るくなるのを感じました。

後から聞いた話ですが、早速会えるよう連絡を取っているとのことです。

 

過去の恋愛とこれからの恋愛は全く関係ない

「過去〇〇だったから、自分は〇〇なんだ」とネガティブになる人がいます。

それは、まったく関連性のないことです

というのも、よく自己啓発や人生談などにもあることですが、未来は過去にあるのではなく、今その瞬間からあるからです。

その瞬間からの未来がはじまり、それが過去になっていくんです。

あの時があったから、今ダメになっていると言うか、「あの時があったから、今スタートできる自分に気付けた」と言い切れるかは、とても大きなちがいです。

僕は過去と描きたいものを整理し、これからやれることに導いていくまではできます。

しかしそこから先、行動するのはAさん自身。

セッション後の即行動には本当に感動しました。

今後も時々、ご本人の許可をいただけた際には、シェアできたらと思います。