2019年で英語の勉強は終わりにします

やっちです。

英語を話せるようになりたいって思ったことがない人に会ったことがありません。

私たちは、英語を話したくて勉強したり、留学したり、外国人と交流しています。

ところが、続かない人が大半で、せっかく始めたのに途中でやめてしまう人があまりにも多いのです。

今年こそやるぞ!

この、定期的に訪れる「今年こそ」をもう終わりにしたいと思います。

 

 

そもそも、なぜ決断と挫折を繰り返すのか

 

まずは決断と挫折をどうにかしないと始まりません。

平成の私たちは、なぜ決断と挫折を繰り返してきたのでしょうか。

私は、やりたいことが多い人間なので、とにかくまず始めてみて、ちがったらやめるということを繰り返してきました。

英語はその代表です。

始めてみるものの、何かやりたいことができて、そちらを優先するために英語をお休みするのです。

続かないことに挫折し、だんだんと「またやっても続かないんだろうな」と考えるクセがつきます。

心が高ぶることがあると、「やってみよう」と思えるのですが、モチベーションに左右されることは続きません。

負のスパイラルと言っていいでしょう。

 

 

モチベーションに左右されない英語学習とは

 

決断と挫折を繰り返さず、ただ勉強を続ければいい

そんな風に簡単には言えますが、実行できる人は少ないでしょう。

よくある英語学習は、単語、熟語、文法を覚え、リスニングとスピーキングを繰り返すものです。

いわゆる詰め込み式のもので、暗記と問題を解くことを繰り返します。

これができる人は、絶対に話せるようになるので、続ければいいのです。

食事や歯みがきのように習慣づいていればそれもいいのですが、それこそできないんですよね。

習慣までに至らないからこそ、苦労するのです。

それであれば、ずっと決断と挫折を繰り返してきた人の英語学習はどのようにすればよいのでしょうか。

 

 

教科書はいらない。誰かと話さなくてもいい

 

「英語を学習する」

そう決めると私たちは教科書を用意したり、教室やオンライン英会話で誰かと話すことを始めます。

まずはこれをやめることから始めてみましょう。

これらが平成では続かなかったから今があるんですよね?

それでは、思い切って捨ててみませんか?

教科書での勉強、そして実践で話すこともいらないとすると、何をすればいいのか。

それは、英語で独り言を話す、もしくは英語でメモやブログを書くことです

要は、自分との対話を英語にしてみるということです。

ある友人の話ですが、日本語の学習を独学で学んだ外国人にどう勉強したのかを聞いたそうです。

驚くべきことに、話したいことをすべて日本語でつぶやいていたそうです。

これは大きなヒントになりました。

世界でもっとも難しいと言われている日本語。

それを、毎日つぶやくことで日本で暮らすにまで至り、きれいな日本語を話しているのです。

世界で簡単と言われている英語で、同じことができないわけがありません。

 

 

中学英語までは必須

 

英語学習については、日本人は世界でもトップクラスで時間をかけて学んでいます。

実は、既に自分の中に必要なものは揃っているのです。

趣味やビジネスなど、専門ジャンルで必要な英語があれば、それを学んで肉付けすればいいのです。

ただし、中学までの英語学習をさぼってしまった人は、復習しましょう。

そこまではしっかりやる、というのが英語学習の最低条件です。

理由は簡単で、日本語の学習も中学までに学んだ言葉を日頃使っているためです。

英語だけ特別というわけにはいきません。

巷で話題のすべてのことは、「中学英語ぐらいまではみんな大丈夫だよね?」という前提で成り立っているのです。

最低ラインまでは、たとえば1ヶ月で総復習など集中してやってしまいましょう。

マンガなど、簡単なものから始めてアレルギーをなくしていくのがおすすめです。

 

まずは英語の抵抗をなくすことから

 

この、2019年英語シリーズですが、また書きます。

ひとまず、英語が苦手な人で決してやってはいけないことは無理にやることです。

無理やり突き進むのではなく、受け入れ体制をつくるところから始める必要があります。

「英語は慣れだ!」と言って、ひたすらオンラインで話したり、外国に飛び込む人がいますが、おそらく僕がイメージしている英語苦手な人はそれができないはずです。

学習法についても、いくら素晴らしいメソッドがあったとしても、苦手な人は続かないのです。

英語には英語の文化があり、リズムがあり、日本語では表せないものがあります。

一歩ずつ、因数分解して学んでいきましょう。

僕もがんばります。