ここ1ヵ月、八木仁平の思考に触れて見えてきた、好き勝手生きる重要性

最短2ヶ月で「こうすべき」を卒業して、最後の純愛にできる!
結婚5年目でも毎日スキと伝える愛妻家、純愛伝道師のやっちです。

恋愛アドバイザーとして仕事をしていて、人の思考を考えることがとても好きになりました。

どんな目標にたどり着きたいかはそこにたどり着ける思考を身につけなくてはいけないので、現在と未来に差があればあるほど、思考を変えるのに時間がかかります。

1日で十分な人、1ヵ月かかる人、半年かかる人とオススメの期間が変わっていきます。

今回のテーマは思考。

思考を考えるにあたり、注目している方がいるので挙げさせていただきました。

独立するにあたり、6月からブログを本格的にやっていこうと思い、そこでWordpressを立ち上げよう!となりました。

そのきっかけとなったのがやぎぺー(八木仁平)さんの存在。

やぎぺーさんにブログを見てもらってわかった、根本を覆された件

やぎぺーさんとは僕が1~2ヵ月に1回のペースで運営している、ゆるいけどマジで学ぶコミュニティゆるまじに、一度遊びに来てくれて知り合いました。

僕のほうは1年前に渋谷のWebCampというスクールに行ってた時、そこでやぎぺーさんが紹介されてて、面白い人がいるもんだぁって思ってたんですよね。そこで初めて知りました。

ずっと話してみたかったので、直接話せて感動しました。ゆるまじやってて良かったと思った瞬間!

現在やぎぺーさんはイントラサロンという有料のFacebookグループを運営しており、やぎぺーさんの思考に触れたくて入ってみました。

コイバナをしまくりたいので、早速コイバナグループを立ち上げて、「ブログはどうした?」という空気の中でやってます。笑

そんなわけで、ここ1ヵ月ほどやぎぺーさんの思考に触れてみてわかったことがあって、ちょっとまとめておきたくなりました。

 

 

パラダイムシフト脳が自然にできている

やぎぺーさんの頭の中には枠がない

一番最初に会った時はわからなかったんですが、二回目に会ったブログを教わる時に、ちょっと散歩しながら色々話してたんです。

そこでわかったのは、知名度も金銭面も一気に自分を押し上げたブログに対して、「これが答えだ」という物言いは決してしなかったこと。

一見、考えをガチガチに固執して武装しているようにも見えるんですが、人の考えへの受け入れ体制ができていて、とても柔軟だった。

僕は人の思考のクセを見る仕事をしているので、どうしてもそのあたりを楽しんで見てしまいますが、やぎぺーさんは0秒思考に忠実であると同時に、人の言うことを流さない

固執している枠(パラダイム)がある人は、自分の思考に引っ張られてしまい、相手の言葉がストレートに頭に入りません。

例えば、ポジティブ思考の人がいつもニコニコしながら自分の言うことを覆してきて、イライラしたことはありませんか?

特に、これまで気持ちを表現できなかったり、心を病んでいたり傷を負っていた人が、急激に心をポジティブに押し上げ、それを自分自身と思い込ませるようにして人格形成をした人は、それ自体が正義となってしまい、押し付けになりがちです。

これは洗脳(自分自身のも含め)とも言われ、自分を押し込めて別の誰かの考えを生きることで、自分を守っている状態です。

パラダイムシフトをしたと思い込み、実は新たな枠の中でずっとさまよい続けます。

しかし、やぎぺーさんにはそれが見えなかった。これだけ自由に生きていて、純粋で、固執しない人を見たことがありませんでした。

 

 

人の質問に対し、技術には答えるが、本質は考えさせる

頭の回転の超高速さと慎重さ

例えばブログでの質問に対しては、熱意と具体的であればあるほどポンっと答えてくれます。

それこそお金払って教わるようなこともポンっと。

ただし、自分を崇拝してしまい自分を答えとしてしまうようなことへの対応は、とても慎重です。

一時的な教えは、相手の資産(一生モノ)になっていかないからです。相手の言葉で、相手の思考で考えさせる。

やぎぺーさんのキャッチである、「発信力を鍛えて、好き勝手生きる」。

やぎぺーさんがこれまでやってきた活動を考えると、「ブログ発信で自由に生きていく」という風に捉えてしまう人も多いようです。

あくまで僕の考察ですがその裏にある思いは、

創られた自分でなく、もっと本当の自分自身を発信せよ!好き勝手にやっていいんだよ!

そんな風に捉えています。

 

 

日常が常に、次への行動のヒント

毎日が特別であり、毎日が日常である

ブログを書いている時、ニュースを見る時、本を読む時、人と話す時。

いわゆる、情報や新しいことを取り込む時、遊びと、仕事や活動で分けている人はいませんか?

未来のために、準備をするにあたり何かを探そうとすることもあると思います。

やぎぺーさんは常に何かの発見、整理、行動が繋がっていて、ヒントがすぐに形になります。

1年後、3年後のことなんてわからないからこそ、湧き上がる思いを大切にして、それに全力で生きる。

自然なサイクルが出来上がっています。

でもこれって実は当たり前なんですよね。

子供の頃って、もっと毎日がワクワクしてませんでしたか?

今は知った気になってしまう装置がたくさん溢れていて、知らなくても知った気になっている。

なんでも知ってます人間の完成です。

でも逆で、この世界って、自分の家や周辺も含めて、知らないことだらけなんですよ。

だから、一つ一つを検証してみる価値って、山のようにあります。

でもそれに気付いてつかんで、何かを起こすことができる人は、大人になると少なくなってしまうんですね。

 

 

最後に

今日は思考についての考察でした。「好き勝手生きる」を、考える。

やぎぺーさんを見ていて感じた大切なこと。

  • 固執した世界で生きていても、相手が見えなくなってしまう。たくさんの世界に柔軟になろう
  • 小手先のテクニックや人の言葉ではなく、自分に落とし込んでオリジナルをアウトプットする
  • 探そうと思った時にヒントがあるのではなく、毎日の中にヒントは山ほどある。

 

信じられないかもしれませんが、人には考え方の段階があって、そのステップを上がるごとに目標が達成されていきます。

実際、僕もそれを信じていなかったからテクニックを求めました。今でもそういう時があります。

小学生の頃、バスケットを始めた時もそうでした。最初はたくさん勉強してましたが、すぐに意味がないと気付きました。

レギュラーになりたいなら、ドリブルで相手を抜いて、シュートを決められるようになればいい。まずはここでした。

練習して練習して、自分の感覚に刷り込ませて、自分だけの考えでドリブルとシュートをしていました。

チームプレーとパスが疎かになったのは言うまでもありませんが、それでもレギュラーになれました。

これが、自分で考えるということ。目標達成のためになにができるか、です。

テクニックを身に着けるのは時間がかかりますが、思考は自分だけの問題ですし、自分次第です。

もちろん、ツール・手段の使い方は学ばなくてはいけません。

例えばパソコンの使い方、ブログ運営のやり方、お金の仕組みなど。

でもあくまで私たちは、何かを成し遂げるためにツールを使っている。

だから、まずはツールの使い方よりも、何をしたいかを考え、そのために必要なツールを考えるんです。

やっちへのお試し恋愛相談も是非!